そよかぜスタイル

狭いお家向け失敗しないソファの選び方まとめ

+ No comment yet
Sofa FREE!  https://flic.kr/p/npJT4n
Sofa FREE! / PHOTO walknboston


リビングでゆったりくつろぐために必須の家具といってもいいソファ。
購入後、あれ?と思っても、処分も大変でなかなか買い替えが難しく、洗濯物置き場となってしまって活用されていないなんて話もよく耳にします。

私も、ソファ購入で失敗してしまった経験があるうちのひとりです。
大きなものだし、お値段もお安くないし。
ソファ選びは慎重にしたいもの。
いったいどういうところに注意してソファ選びを進めればいいの??

と、いうわけで、納得いくソファ選びのために、参考になりそうなサイトやBlogをまとめてみました。



ソファ選びは難しい!!

引っ越し後すぐにでも欲しかったソファですが、結果購入までかなり時間が経過してしまいました。
存在感のあるものだから、今ある家具類などとなるべく調和するものがいい。
サイズやカラー、座り心地にこだわるのは当然ですが、末長く使うものだから、メンテナンスのことなどまで考えてしまい、なかなか決めきれずにいたのです。

なので、どんな風にソファを購入すればいいのか?どんな風に購入しているのか?詳しく書かれているサイトさんなどをまとめてみました。


ソファ選びの様子が書かれているBlog


http://www.j-love.info/ino/archives/20070415_idee_ao_sofa.html
IDEE AO SOFA イデー アーオ ソファの誘惑 by [EWYC]



村上春樹が読者の質問に答えるコーナーで 良いソファというのは結局のところ値段に比例するようだ、 と回答しているのを読んで以来、2回のソファ購入失敗体験を経て ソファに関しては妥協しない、と決めた。



過去2度ソファ選びに失敗したという方のBlog。
IDEEのショップへ行って、ソファに座りまくっている様子が書かれています。
しっかり選びたいと思ったら、これぐらいして検討しないとダメかなぁと思いました。

AO SOFA・・・サイズとデザインで気になっているソファのひとつでもあります。







http://blog.goo.ne.jp/gtomita/e/50487c1f57f594320d0eeca322757ad9
Living Sofa - Antip@sto BLOG



ソファー選びは、、、難航しています。 Webでは1000品以上見たと思いますし。。 実際のお店も数十件は回ったと思いますが コレというのに出会わない。



いろいろなショップを巡り、難航しているソファ選びの様子が書かれています。
とりあえず間に合わせで無印のリクライニングソファーを購入されています。
大きなソファも選択肢のひとつですが、1人がけのソファ(イージチェア)をふたつほど置いてもいいかなぁと考えます。




こちらは11年間使用した革製の無印ソファを買い換えた方のBlog。
革製のソファを購入したものの、一度もメンテらしいことはなく11年が経過。
新品当時の写真と11年後の比較写真も掲載されています。


前述したように革は結局メンテナンスが大変ですし、ヘタってくると座り心地が悪くなってきます。また夏場になるとソファに接着する肌が汗で蒸れて意外と気持ち悪いという点です。

このような理由でファブリックのソファに買い換えています。




こちらのBlogさんは、タイトル通りNOYESでの購入記。
様々な記事を目にしましたが、モデルは違うもののNOYESで購入されている方を多数見かけました。
購入時の満足度はどの記事を見ても良好で評判はなかなか良いようです。




こちらは楽天で人気No1のアルモニアのソファを購入、レビューしています。
配送日に不安は感じつつも、届いたソファに大満足の様子です。






ゆえに、子供を作る前の新婚家庭の人達は、ソファーを買う時には、カバーの丸洗いができること、角があたっても怪我しないか、この二項目は前もって考えた方がいいですよお、と過去の自分には言いたいですね。


新居に引っ越しごソファを買い換え。
イタリア、北欧など海外のソファも検討した結果、購入したのは、Master Walという岡山のメーカーのソファ。




  1. ある程度大きいサイズ
  2. 丸洗い・張替えが出来るモノ
  3. 角のないモノ・硬くないモノ

こちらでは、結婚後すぐに購入し7年前が経過したフクラのソファを例に、ソファ選びについてわかりやすくまとめられています。




こちらのBlogさんでは、我が家でも購入候補になっていたウェグナーのデイベッド(GETAMA GE258)を購入。
ヴィンテージものなので、購入と同時にクッションを入れ替えたそうです。
ソファ選びについて、テンポよく読みやすくまとめられています。




こちらは、モビリグランデでソファを購入。
ソファには満足しているものの、お店選びは失敗だった様子。
購入するときは、自分で解決できないことも多いのでショップ選びは大切ですね。




色々と見て回りましたが、ソファの寿命は大体10年ぐらい。
革はメンテナンスの手間と肌触り、ファブリックは汚れという面が気になるようです。
お子様がいる環境だと、フレームの形状も気にされているようです。
それなりのものを購入するなら、搬入、納期、アフターサービスなども含めて考えた方が幸せになれそうです。
ノイエスのソファは、ソファはもちろん、ショップ対応も含めて満足度が高いようでした。


ソファ選びについて解説されているページ

http://allabout.co.jp/gm/gc/25568/
居間にソファは要る?要らない? [ソファ・ソファベッド] All About



「ソファはゆったりくつろぎながらテレビをみるのに必需品」、「センターテーブルはお茶を飲むのに必要よ」という方もいらっしゃるでしょう。 しかし、反対に、
  • ソファの上はいつも洗濯物置き場。
  • テレビを見るときは、床に座り、ソファは背もたれにしたほうが楽チン。
  • センターテーブルは、ソファに座ったときの足置きや雑誌置き場として活躍。
という使い方をされている方もいるのでは。その方にとって、ソファやセンタテーブルって本当に必要なんでしょうか?


いろいろと悩んでくると、本当にいるの?
本当にいる家具は??というところに行き着きます。
どうしても、購入に踏み切れない時は、必ず必要かどうか見直すといいと思います。
私も、迷った時はなんどかここに戻って考えるようにしています。






http://www.idee-online.com/shop/features/042_sofa_guide.aspx#contents_03
ソファの選び方特集 - IDEE SHOP Online





ソファは日々、お部屋の中で一番触れる機会が多く、長い時間を過ごす重要なアイテムです。
大切な自分の居場所として、どんな休日を、どんな夜を過ごしたいのか、そんなことをイメージしてみてください。休日には友人を呼んで過ごしたい、横になっ て本を読みたい、そんな贅沢な時間を想像しながら、そこにどう座りたいのかを決める。実はこれが一番重要なポイントです。


IDEEのソファ選びについて書かれているページ。
お部屋のレイアウト、サイズ、スタイル、カラーについて、わかりやすくまとめられています。
なんでIDEEか?といわれたら、コンパクトなAO SOFAやSOLID BENCHが気になっているという単純な理由からです。







http://m3q.jp/t/1344
もう二度と失敗しない!買った後に後悔しないソファの選び方 - M3Q - 女性のためのキュレーションメディア



しっかりとしたソファ選びのために。
役立ちそうなまとめ。

リンク集になっています。






http://m3q.jp/t/1344
無印、IKEA、ニトリなどでソファーを選ぶ際にハズレを掴まないために、最低限知っておきたいこと - NAVER まとめ


とりあえずでニトリのラグを買った私も、ソファをニトリでとは考えませんが。
ソファの構造や生地の解説、メリット、デメリットがわかりやすくまとめられています。






http://www.takumi-sofa.com/contents/blog/2011/02/post-130.html
失敗しないソファの選び方 - 匠ソファブログ


販売するソファに十年保証をつけている匠ソファのブログ。
長く使っていく予定で購入するソファ。
そこで気になるのは耐久性。

失敗しないソファ選びのコツとして



ソファを買う時、
「このソファ、何年でダメになりますか?(へたりますか?)」
と聞いてみること。
聞いて、損はないと思います。


こう締めくくられています。




大きな戸建に暮らしている方、1fにリビングがある方はほとんど問題にならないかもしれませんが、リビングが2fにある、マンションに住んでいるという方は、設置予定の部屋にソファを運べるかを考えなければいけません。
搬入可能かどうか、ある程度は購入前に予測可能なので頭に入れておきましょう。
購入予定のソファが搬入可能か?わかりやすくイメージできるように書かれているページを紹介しておきます。

ソファを選ぶ時に抑えておきたいと感じたポイント8つ

3階建ての戸建に暮らしている我が家。
ソファを設置予定のリビングは、階段を使った2fにあります。
リビング自体も広くありませんし、搬入経路も考えなくてはなりません。

ソファに対しての理想もありますが、予算以外に様々なことを考えなければならないので念入りに調べて見ました。
先ほど紹介したページに書かれていることと重なるかもしれませんが、簡単にソファを選ぶ時に抑えておきたいポイントをまとめておきます。

予算は大事


しっかりくつろげるスペースや時間はプライスレス。
たくさんソファを見てみましたが、質はお値段に比例します。
結果的にお安く入手できれば嬉しいですが、大切なものは少し背伸びして手が届くぐらいのモノがいいと思います。


しっかり測る


ソファを置くスペース、搬入、搬出経路もサイズはきっちり測る。
お友だちと何度か家具屋さんやアンティークショップさんにいったりしても、けっこう設置予定の場所のサイズを測っていないってことあったりします。

ドアの開き方や、家具類の配置など、しっかりチェックしておくこと。
大型家具を購入する場合、間取り図を書いて配置をイメージしやすいとのこと。
こちらでは、チェックポイントと間取り図用の方眼用紙をダウンロードすることができます。



とにかくたくさん座る(くつろぐ)


ソファの選び方に必ずといっていいほど書かれていることがこれ。
もともと購入予定のないものでも腰掛けること。
ひとりで行くとゆっくり座る勇気もないので、お友だち、家族と一緒の時に見にいくといいでしょう。
展示品が集まってくる、インテリア系のリサイクルショップなんかも覗いてみると思いがけないソファと出会えるかもしれません。


1人がけのソファは別もの

Living Room @ Horizon Reach / Photo Peter Alfred Hess
Living Room @ Horizon Reach / Photo Peter Alfred Hess https://flic.kr/p/eiLUEG


ゴロンとするのがソファの醍醐味。
でも1人がけのホールド感はとてもいいです。
同じモデルでも、1人用、複数人用にも座ってみる。


生地(ビニールレザーは微妙)


布のソファは手軽な反面、汚れ、水濡れやホコリ、アレルギーが気になることもあります。
革のソファには、お手入れに多少気を遣う必要がでてきますが、汚れにくく、お掃除もしやすいというメリットが。
ファブリックのソファにダニが繁殖すると、かなり手強いようです。


住賓館が国内産の革で作ったトーゴにこだわる理由は、汚れたときに水ぶきでき、耐久性にも優れてるからです。 また、座ったときにしっとりしていて滑りません。 同じく水に強いという理由で、ソフトレザー(合成皮革)張りのトーゴを多く見かけますが、住賓館としては、ソフトレザーではなく本革張りのトーゴをお勧めしています。 これまで住賓館に寄せられたロゼトーゴに関するご相談で多いのが、ソフトレザーのトーゴについてで、使い続けているうちに縫い目から裂けてしまったというもの。

田組社長が語る家具ログ http://www.jyuhinkan.co.jp/002kagu_log23.html


カリモクKチェアについてまとめ記事をあげた時にも、ビニールレザーが劣化して避けてきたということが書かれているのが目につきました。
どの素材を選んだとしても、メリットとデメリットが必ず存在します。


バランス




Urbane Apts / One Bedroom / Adams / Photo Urbane Apartments
Urbane Apts / One Bedroom / Adams / Photo Urbane Apartments https://flic.kr/p/6GZGEc


せっかく購入するソファ。
リビングにあるものとの調和がしっかり取れそうかもポイント。
ラグや家具、読書をする予定があるならフロアランプも。

我が家の場合、ラグも適当に選んでしまったものだし、フロアランプもこれから。
一度には無理だけど、ソファ以外にもそれなりの出費が必要かも。





メンテナンス

どんなソファを購入しても必ずメンテナンスの必要がでてきます。
カバーの有無、張り替えなどの作業(ヴィンテージものの場合は特に)を請け負ってくれそうな所も見ておくといいと思います。
費用もだいたいわかるはずです。
え?普通にソファ買えるじゃない・・・そういうお値段だったりするのでチェックしておくこと。


必要かどうか考える

Living Room (7/2013)  / Photo ris
Living Room (7/2013) / Photo ris https://flic.kr/p/fap347



購入を決定する前にもう一回。
本当に必要かどうか、冷静に考える時間を。
せっかく購入したソファ、鞄や洗濯物置き場にならないように。

我が家の場合は、大きなダイニングテーブルを購入したので、遊びに来たお友だちとはそこで過ごしています。
応接的な役目を担うソファというよりは、家族がゆっくり過ごすためのソファを選ぶということになりました。


おまけ 念のため風水も参考に

カラーや素材、配置場所などなかなか決め切れない、そんな時は風水に目を通すと背中をおしてくれるかもしれません。
決して運気が上がるなどと盲信はしませんが、人が快適に過ごすために積み重ねてきた貴重なデータ。
参考にして上手に取り入れれば、調和のとれた色選びに役立ちそうです。


さて、では、あなたは何色のソファーを選ぶべきなのでしょうか? まず、「風水と方角の関係」を参考にしていただき、 家や部屋の位置関係を確認しましょう。



こちらでは、方位別に理想のカラーがわかりやすく見ることができます。





まずは家族全員が納得のいく動線であって、その上で風水が取り入れられることが大切なポイントとなります。








元来、風水とは自然に逆らわず「気」を活かすもの。「気に入る(きにいる)」ことは、まさに「気が入る(きがはいる)」ということなのだ。風水的にいい家具かどうかというよりも、まず自分が気に入っているかどうかが問題なのだ。


風水が確立した時にソファがあったのか・・・そこはさらっと流して、ネットで調べてみただけでも紹介し切れないほど書かれているページが存在します。
こちらは、なかなか説得力のあるページでした。




風水は、昔からの経験や知恵だと思いますので、納得できそうなものだけ参考にしてみるといいかもしれませんね。
複数配置を考えている方もいるかと思いますが、テーブルを挟んで対面に配置はNGだとか、L字の配置がNGだとか、意見が分かれているようです。

ソファベッドは、『寝る場所は分けることが望ましい』、そういった考え方から風水的にはよくないとされています。
ちなみに、ソファで睡眠をとるつもりはなかったけれど、ヴィンテージのデイベッドはあっさり諦めることができました。

2Fリビング、マンション向け搬入を考えたソファ選び

最低限、ソファになにを求めるのかをハッキリさせておくことが大事かと思いました。

我が家の場合、リビングが2Fにあるので搬入搬出の問題がついてまわります。
搬入可能で最大のもの、分割できるもの、または1人がけのソファを複数という選択になってしまいます。

最悪、吊って搬入という方法もあるのですが、張り替えなどメンテナンスの時のこと(末永く使うつもりだから重要)を考えるとかなり苦しい・・・
はっきりいって大きくて、家族そろってくつろげるソファは、無理があり過ぎることを悟りました。

分割(分解)できるものや、1人がけのものなら、 模様替えも簡単だし(あわよくば子ども部屋や、書斎などにも使えそうとか)、メンテナンスが必要になった時も困らない、日々の掃除も楽そう。

反面、1人がけだと複数必要になってきて、それほど広くないリビングがごちゃつきそう。

存在感の大きなものだから、座り心地とともに、見た目、日々のお掃除のしやすさとかも重要だったりします。

まず候補に挙がるのは、過去記事にまとめたカリモクのKチェア。



2シーターを購入しても、ゴロンとすることはできそうもありませんが、2+1とか、1人がけのものを複数購入してもよさそう。
分解できるし、フレームをオイルフィニッシュしてもいいかなぁ・・・と考えたりもしています。
これなら、他の部屋に持っていっても使い道はありそうというのも大きなポイント。






もうひとつ、過去記事にまとめた中からは、マーガレットハウエルが愛用していたチェアが人気のアーコール。
こちらはけっこう巨大(コンパクトではない)ですが、クッション部分だけ外せるようになっているので、フレームなどに異常がでなければ、張り替えなども困らなさそう。
我が家の条件では、かなり無理のある選択になりますが、デザインもとても素敵です。








日本で製造されている北欧の名作ソファ。
1〜3人がけ、フレームの材質など選択肢も豊富。
スッキリしているデザインが気になります。
宮崎椅子製作所が、カイ・クリスチャンセンに直接製造を許されたソファです。



Norzy 楽天市場



北欧デザンの組み立て家具。
割り切った選択になりますが、お手頃価格で、カラーやバリエーションも豊富。
アーム部分がリクライニングする2人がけソファが、特に気持ちよさそうです。
ちょっと線が太い所が気になる・・・



一人掛けチェアは、折りたたみ可能。
なかなか雰囲気はあります。






リーンロゼ公式ページ トーゴ


木製のフレームがついたソファばかりが気になっていましたが、座ったとたんに最高!と思ったのがフランスのウレタンフォームでできたソファ、リーン・ロゼ。
日本では、ドリームベッドが製造しています。



軽量でフレームも持たないウレタンソファ。
ぶつける心配もなく(子どもが居ても安心)、移動もしやすいソファです。
トーゴは、誕生から40年続くベストセラー。
生地のバリエーションも豊富。

気になるメンテナンスですが、ウレタンの補充、張り替えなども受け付けており、搬入搬出の問題もほぼありません。
同じくフレームのないブリガンタンもとてもいいのですが、クレームも少なく、安心、長持ちするソファとしてトーゴが勧められています。
このトーゴ3人掛けを購入しました。
固い部分が一切ないのは想像以上に便利。相方は、このソファを一人で階段を通って運ぶことができています。




こちらは、一人がけソファ、イージーチェアの代表格。
誕生から半世紀が経過するロングセラーのシエスタ。
一人がけは、横になってくつろぐ必要を感じさせないほどのホールド感があります。
家族がいる場合、複数設置が前提になるはずなので、コストがかかるという欠点もありますが、移動も楽なので模様替えなども楽しめるはずです。



ソファ購入は引っ越し後1年以上が経過した

とびきりいいソファを購入しよう!
そういう夢を持ちながら、お引っ越ししてから丸一年が経過し、リーンロゼを購入しました。
購入を検討している間、理想のソファについて考えると、家をどうしていきたいか?家族とどう過ごしていきたいか?そういったことをじっくりイメージする機会になりました。
搬入経路などの問題がある住居に暮らしている場合、1人がけのソファーを複数、コンパクトな2人掛けソファ、かちっとしたソファを置かずにクッション的なソファでも視野に入れていくと納得できるソファを選ぶことができると思います。

また、ソファ選びは、ソファ単体だけで考えるのは難しいと思いました。
ラグや家具類などとのマッチングなどもチェックしておくことをお勧めします。
せっかく購入したソファがういた存在になっていると悲しいですものね。




Sponsored Link




コメントを投稿