そよかぜスタイル

戦車が踏んでも壊れない!世界最強のフライパンを買ってみた

+ No comment yet



ドイツ製のコーティングフライパンを買い増ししました。
新たに購入したのは、現在、世界最高峰といわれるAMTのフライパン。
フライパンに、焦げ付かない、洗いやすいといった便利さや、綺麗な焼き上がりと耐久性を求める人は多いのではないでしょうか。

私も、そんな中のひとり。

だから、高かったけれどドイツ製のフライパンを購入しました。

今春、日本でも正規の販売が始まりそうなAMTのフライパンをひと足早くレビューしてみます。

Read more +

スマホの車載ホルダーはシンプルなマグネット式が超絶便利で快適すぎた

+ No comment yet
デリカに取り付けたSpigen 車載ホルダーエアー ヴェント



様々な生活シーンで必須のアイテムとなっているスマホ。
何から何まで本当に便利。
車を所有していると、法律や条例の範囲内でというのはもちろんですが、車内での利用も当然増えてくるわけです。

ナビが車についていても、スマホの方が目的地の検索や案内など格段に良いし、車内は大切な充電スポットにもなります。

そこで、車の中のどこにスマホを置くのかという悩ましい問題が出てきます。

特に、カバンにスマホを入れる習慣のないと、ポケットに入れっぱなしは具合悪いし、車内でしっくりくるスマホ置き場なかなかありません。
今まで、スマホはコンソールや助手席のシート上、ドアポケットなどに入れていたけれどどうにも収まりが悪い。
助手席でナビをする時も、絶えず片手が塞がってしまい地味に不便。

と、いうわけで、あれこれ調べて、最もコンパクトでシンプルだと感じた車載ホルダーを購入してみました。
結果は、タイトル通り。期待以上の満足感を得ることができました。

あまりにも快適になったので、車載ホルダーを決める上で参考にしたページを紹介しながら相方が使用感を記事にしてみます。

Read more +

スマホをY!モバイルに乗り換えてフルコンボ!年間10万円の節約を目指した結果

+ No comment yet
Y!mobileロゴ




皆さんのご家庭では、スマホ、ネット回線、固定電話などの通信費に年間いくらぐらい使っているのか気になりませんか。
4人家族の我が家では、年間およそ340,000円を通信費として使用しています。
これ、かなり無視できない金額。

そこで、通信費を節約するためにスマホを中心に見直し、auからY!mobileに乗り換えると、トータルの見積もりで100,000円ほど安い、240,000円程度になることがわかりました。

これは、かなり大きく節約するチャンス。
というわけで、au契約期間満了と同時に、iPhoneをやめて、どっぷりY!mobileに浸かることにしました。

通信費は節約したいけど、格安のスマホはサポートが不安。

万が一のトラブルの時も安心して分かりやすい、そして何より優しいサポートが欲しいですよね。

こんな風に通信費(特にスマホ)が気になっている人に向けて、参考になるページを紹介しながら、費用を節約するために実践したことを記事にしてみます。

Read more +

東京ディズニーランドへGO!家族4人で遊んできたので費用や詳細を記事にしておく

+ No comment yet
ディズニー パレード



家族4人で東京ディズニーランドへ行ってきました。

ディズニーランド、いいですね。
まさに夢の国!

でも、1泊2日(移動を含めると2泊3日)、家族4人で、一体いくらぐらいかかるのか心配になります。
せっかく行くのだから、なるべくたくさんのアトラクションを制覇したい。

希望は、できるだけ費用はかけたくないけれど楽しんで、綺麗なホテルに泊まりたい。

と、いうわけで、早朝にディズニー入り、現地で宿泊、明朝帰路につくというスケジュールになりました。

宿泊費25,600円、パークチケット代26,000円(大人2人、高校生1人、小学生1人)+往復交通費、飲食費。
それなりに節約を心がけましたが、まぁ、やっぱりそれなりにかかりますね・・・

ホテルも含めてなかなか良い感じに回れたので、これからディズニーランドに行こうと思っている人向けに詳細を記事にしてみます。

Read more +

まぢやめてっ!雨天でもライトをつけない車に本気でイラっとしたので記事にしてみる

+ No comment yet
雨の日の空



突然ですがみなさんは、雨の日、夕暮れ時に車のヘッドライト使っていますか?
先日、雪道対策の記事で少し触れましたが、天気が悪くても、夕暮れ時でも車のヘッドライトをつけない人が本当にたくさんいますね。

『自分が見えているから灯さない』なんていう自分中心の運転は本当にナンセンス。

常時点灯義務化については賛否両論ありますが、少なくても、悪天候や夕暮れどきに車を運転するなら、積極的にライトを灯すことはとても有効なはず。

自分が見えるからではなく、自分の存在を周囲に知らせるためにもっとライトを点灯するべきです。
少しでも事故の確率を減らすために、ヘッドライドの点灯を促すべく記事にしてみます。

Read more +