そよかぜスタイル

お風呂の汚れが驚くほど簡単綺麗になった!ウルトラハードクリーナーを使ってみた結果

+ No comment yet
リンレイ ウルトラハードクリーナー



新築で購入した我が家も5年目。
お風呂は毎日掃除しているつもりでも、ちょっとしたカビ、湯アカや石けん、皮脂汚れなどで汚れが目立つようになってきました。
お風呂掃除って、いろいろなクリーナーや方法を試して頑張っても思ったように綺麗にならないんですよね。

もう綺麗にならないと半分諦めていましたが、リンレイ ウルトラハードクリーナーを使ってお掃除してみたら、今まで頑張っても落とせなかった汚れが綺麗になりました。
今まで試したどの方法より簡単に汚れが落ちました。
すごいぞ!ウルトラハードクリーナー!!
と、いうわけで、使用前、使用後の写真を交えながら記事にしてみます。




ウルトラハードクリーナーを使ったら浴室が明るくなった!

お風呂用の椅子 クリーナー使用前



まず、かなり苦労して重曹、カビキラー、激落ちくんクリーナー、オレンジ配合のバスクリーナーなどなど、手当たり次第試しても、なかなか汚れが落ちずに諦めかけていたお風呂の椅子。
そこそこ綺麗にしては、すぐ汚れて、苦労の割には報われないので半分以上諦めかけていました。
まずは、ウルトラハードクリーナーをここで試します。





おもて面だけ、ささっとクリーナーを吹きかけて、少しおいてからスポンジでこすってみましたがご覧の通り。
今まで悩まされていた、薄茶色の汚れが見事スッキリ。

というわけで、浴室全体にこれを使ってみました。


排水口付近 クリーナー使用前


水垢汚れが気になっていた排水口付近。

排水口付近 クリーナー使用後



こちらもそれほど丁寧にお掃除していませんが、綺麗になっています。





洗面台の立ち面。
今まで、頑張ってお掃除してもうっすらとくすみが残っていました。





そこも、スッキリ。





気になって仕方なかった浴室の床面。





全体的なくすみ、溝に溜まっていた汚れも綺麗になりました。
お掃除している時には気がつかなかったのですが、掃除後、お風呂が少し明るくなったと感じられました。


メッキ部分 クリーナー使用前



水道の蛇口や手すりシャワーヘッドなどのメッキ部分。


メッキ部分 クリーナー使用後



今回の掃除ではあまり意識も期待もしていませんでしたが、場所によってはご覧のようにピカピカ。
このような場所は綺麗にならず期待はずれと書かれているブログさんもありましたが、次回は、真面目にこの辺りも意識してお掃除してみたいです。

諦めていたお風呂汚れが、ウルトラハードクリーナーひとつで予想以上に綺麗になりました。
お風呂を綺麗にしたいけれど。『どれだけ頑張っても落ちないから』そんなふうに半分諦めてしまっている方は、このクリーナーを試してみる価値が絶対にあります。



ウルトラハードクリーナーの効果的な使い方

一本200円程度あれば購入できるお風呂用洗剤の中で、1,000円前後のウルトラハードクリーナー。
容量は700mlと普通のお風呂用洗剤と比べるとかなりたっぷり入っていますが、洗剤ひとつ1,000円ってはっきりいって買うのをためらいます。
使ってみて思ったほど効果がなかったら落ち込む値段です。

このクリーナーを使おうと考えている人たちのお風呂の汚れは、いろいろな方法を試しても落ちなかったという感じの、それなりに蓄積した頑固なものだと思います。
使用方法を見ると2〜3分程度おいてからと書かれていますが、つけおきする時間を長くするというのが効果を高める最大のポイント。
レビューや使用した方のブログなどを調べても、つけおき時間を延ばすと効果があると書かれています。

我が家の場合は、全体にスプレーをしてからお風呂用のスポンジで全体にクリーナーをなじませて1時間ほど放置。
放置している間に乾いてしまうので、スポンジに軽く水分を含ませてからさらに全体的にクリーナーをなじませてさらに1時間ほど放置。
最後にスポンジで軽くこすりながら流していくと、お風呂が綺麗になりました。


効果がなかったところ

クリーナーで綺麗にならなかったところ



掃除前には気づかなかったのですが、お風呂が全体的に綺麗になったので、汚れが落ちていないところが気になるようになりました。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、右側のゴムパッキンに比べて、左側(奥側)のゴムパッキンの黄ばみが気になります。
この辺りもスプレーがかかっているはずですが、汚れが気になります。


ウルトラハードクリーナー使用後



盲点だったのは浴室の天井。
壁の上あたりまではスプレーを吹き付けて、軽くスポンジを使ってクリーナーを天井にのばしておいたのですが、つけおきの間はそのまま放置していました。
天井の汚れがあるなんて気にもしていなかったからです。

クリーナーを使って初めて入浴して気がついたのですが、クリーナーがしっかりかかっていた天井の壁面付近に比べ、天井の真ん中(画面左側あたり)が、かなりくすんでいることに気がつきました。
照明の加減に見えなくもないですが、肉眼で見ているとはっきり天井のふちの方(赤丸の場所)が白く綺麗になっていることがわかります。

お風呂って、こんなに汚れるものなんですね(汗

真上にスプレーすることは無理なので、次回は、ハンドル付きのスポンジに染み込ませて天井も真面目にクリーナーをかけてみたいと思います。

あと、他のブロガーさんでは鏡にも使用して効果があると書かれていますが、公式には鏡には使用できないとされています。
今回、全体的にスプレーしたので、鏡にも当然クリーナーがかかって、同じように放置していましたが、何か問題があったということはありません。

鏡には、鏡用のハードクリーナーがありますので、気になる方はそちらを使用してみましょう。
こちらも効果がすごいと評判です。



カビ類にはほとんど効果がないと書かれています。
カビにはカビキラーで対応しましょう。

お風呂を簡単、綺麗に保つために

苦労してお風呂を綺麗にしても、今まで通りお風呂を使っていたら、またお掃除前と同じような汚れに悩まされてしまいます。
掃除を頑張るのも大切なことですが、そもそも頑固な汚れをためないようにすることも大切。
いつもの入浴のついでにできそうなちょっとしたコツをまとめておきます。

  • 高温のお湯で流す
  • 重曹を入れて入浴する
  • 水気を取る
  • 換気をする


熱いお湯でお風呂を流すことで、カビを落とす(つきにくくする)効果が期待できるそうです。
風呂上がりに冷水という説もあり、そちらにもそれなりに根拠がありますが、最近はもっぱら効果の高い方法として高温のお湯でお風呂を流すことが勧められています

美肌、体臭予防にも良いという重曹入浴は、お風呂のお掃除にも役立ちます。
残り湯をお洗濯に使う場合、衣類にも効果的だということで無駄がありませんね。
200ℓに大さじ1〜3杯入れ、週に数回(2回程度)の入浴でOK。
入れすぎないことに注意しましょう。
重曹といっても、お店をのぞいてみると、食用、お掃除用と売られていますので、どれを使ったら良いのかわからなくなってしまいます。
基本どちらでも構わないようですが、食用にも使えるものの使用をお勧めしているページが目立ちます。



水垢系のお風呂汚れが落ちると評判のクエン酸(重曹2:クエン酸1程度)をプラスすることで炭酸風呂にもなります。



自然のパワーはすごいですね。
クエン酸を使用した場合、くれぐれも塩素系の洗剤の使用は避けてください。

入浴後、カビの発生源になる水滴を拭き取るのが理想的なようですがなかなか難しいかと思います。
スクイージーなどで軽く水気を取るだけでも効果が期待できそうです。
水気を切ったら窓を開けるなどして換気を心がけましょう。

試してみる価値ありウルトラハードクリーナー

今回、難しいことはほとんどパスして、ウルトラハードクリーナーを使った結果をお知らせしてみました。
お風呂汚れは、性質の違う汚れが付着しているので、それぞれに対応する洗剤を使用しなければなりません。
『お風呂掃除を頑張っても効果がない』と、悩む原因になっている部分がここにあるのです。
ウルトラハードクリーナーなら、これ一本で完璧というわけにはいきませんが、ひとまず難しいことを考えずに効果を体感できるのです。
バスルームの床が綺麗にならないので、真剣にスチームクリーナーを試してみようかと考えていましたが、そのような悩みからも解放されました。

効果は抜群だと感じますが、何せ1本1,000円程度するものなので、一度お風呂が綺麗になったら、週一回とか10日に一回とか、そんなペースで使っていけばいいのではないでしょうか。

これが効く、あれが効くとお風呂の汚れをなんとか落とそうとしていましたが、これほど楽に効果が実感できたのは初めてです。
カビには効果が薄いようなので、カビキラーは手放せそうもありませんが、つけおきを意識して、ウルトラハードクリーナーを使って上手にお風呂を綺麗にしてください。



Sponsored Link




コメントを投稿