そよかぜスタイル

ドイツ製のコーティングフライパンを買ってみた結果

+ 2 comments
テフロンのフライパン買い替えました
RUN Alulith-Cast Deep Frying Pan


約3年愛用してきたテフロンのフライパンを、ドイツ製のフライパンに買い替えました。

ホームセンターで購入した安物のフライパンを我慢して使ってきたので、今度はとにかくよい(高級な)フライパンを使ってみたいと思うのが自然な流れ。
いざ高価なものを購入するとなると、妥協したくないし、できるだけ長く使っていきたい。
でも、種類が豊富すぎて購入までかなり時間がかかってしまいました。

購入の経緯やフライパン選びの参考になる記事を紹介しながら、実際にドイツ製のフライパンを購入して感じたことを記事にしてみます。

フライパン買い替えのきっかけはル・クルーゼ


ルクルーゼ フライパンのカタログ
ルクルーゼのカタログ



3年ほど前、ホームセンターで購入したフライパンを我慢して使っていましたがその我慢も限界。
買ったばかりの時は、軽くて焦げ付かず、大容量で安い便利なフライパンでした。
ほぼ毎日使っていたら、フライパンの底が変形しコーティングの傷みも目立ってきました。
そもそも軽いので、調理中の安定感はまったくありません。軽いことは便利だけれどこれもかなり不満。

買い替えるフライパンに求める譲れないスペックは、4人ぶんの食材をストレスなく調理できるサイズで深さがあること。
そして、焦げ付かず、耐久性に優れたもの。

そう考えると、食べ盛りの子どもがいるので、我が家では直径28cm、深さは5cm以上のフライパンが必要です。

そんな条件でフライパンを探していましたが、ルクルーゼの店舗で見たノンスティック(テフロン、フッ素加工と同等)フライパンがあまりにもよい感じだったので、一気に購入に弾みがつきました。

ちょうど実店舗では、不要なフライパンを5,000円で引き取ってくれる下取りキャンペーン実施中でまたとないタイミング。
ただ一点、便利なテフロン系フライパンは、丈夫な鉄製のものと比べると短命であるというのが気になるところ。
我が家のフライパンの状態や、買い替えを検討していることを店員さんに伝えると、もの凄い熱量でフライパンについて語ってくれました。

「私、以前はティファールのフライパンを10年使っていました。傷を付けないようにする、硬いタワシやスポンジで洗わない、金属製の調理器具を使わないというのはもちろんですが、長持ちさせるための最大の秘訣は強火では絶対に使わないようにすることです。
調理は弱火〜中火でじゅうぶん。
ルクルーゼのフライパンは、厚みもありますから、予熱でフライパンを温めれば小さい火力でもじゅうぶんな調理が可能です。

そして、デザインも大切な要素のひとつだと考えています。
見た目を整えるということは、若さや元気を保つ秘訣になりますし、料理の楽しみも格段に増やしてくれます。
お料理は、楽しむことを考えるのが大切だと思います」

4人家族でチャーハンや焼きそばといった炒めものから、お肉などを焼くお料理まで対応できる深型がお勧めとのこと。

激しく納得して、後日、この店舗で購入しようと決めてその日は帰りました。

でも、よくよくルクルーゼのフライパンを調べてみると、

中国製であることが判明

一気に候補から外れてしまいます。

すべての中国製が悪いとはいいませんが、あえて高いお金を出して(実売価格14,000円程度)中国製を買う必要はないという結論になりました。
ホームセンターで購入したフライパンと比べるとかなりの質感でしたが本気でがっかり。
ルクルーゼのフライパンについては、こちらのレビューがとても参考になります。


ノンスティック加工自体の耐久性は無さそうです。金属へらなどは使うなと書かれており、最近の頑丈な物(金属へらOKの物)とは違うのでしょう。また、10年保証についての説明書きによると、ノンスティック加工は対象外との事です。

重さの割にリベットが2点止めなので不安に思う方もいると思いますが、リベットが十分な強度を持った材質(少し削って確かめた感じでは、おそらくステンレ ス)であり、この部分に関しては大丈夫でしょう。加工の精度は決して良くはなかったです。二つ目の取っ手(ヘルパーハンドル)の取り付け部分が、片方少し 浮いていました。こういう雑な面で、日本製品との差を感じます。

フライパンとして、かなり贅沢な物であることは間違いありません。しかし、上記のように雑な部分も気になりますし、全体的には値段相応の作りとは言えないと思います。
(ル・クルーゼというブランド自体が、ル・クルーゼを好む人のためのものであり、同社の他の商品同様、本品もブランド代をかなり含むものでしょう)
例えば、新潟あたりの金属加工会社であれば、6000円クラスのフライパンでも相当良い物が買えます。本品の作り・品質は、そのクラスに該当するのではないかと。

確かに贅沢な仕様でフライパンとしては大満足なのですが、冷静に見れば12000円の水準ではないので、これは自分で買うより、プレゼントしてもらいたい品と言えますね。
Amazon 投稿者 choice2009さんのレビューより
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3P2E54UJAGQ0E/ref=cm_cr_arp_d_viewpnt?ie=UTF8&ASIN=B0016ZQ2LO#R3P2E54UJAGQ0E


フライパンについて本気で調べてみた

RUN ドイツ製フライパン
RUN Alulith-Cast Deep Frying Pan


こんな理由で、フライパン選びは振り出しに。
「鉄製のフライパンが一番いいんじゃないか?鉄分も摂れるし鉄製にしよう」
そう説得されましたが、やはりめんどくさいイメージは拭えずテフロンは譲れませんでした。

フライパンの素材について書かれているページ

まず、どんなフライパンがあるのかを知っておくことが大切。
だいたいこのあたりのページを見ておけば、各種フライパンの特徴が理解できるはずです。





ステンレス製フライパン、高級なものも出ていますが、猛烈な扱いにくさなので経験上お勧めできません・・・
マーブル、ダイヤモンド加工などのコーティングもテフロン系フライパンと同じグループに入ります。


コーティング系のフライパンで寿命とともに懸念される有害物質のお話。
有害だということに焦点を当てている記事が目立ちますがこちらはその反対側。
確かに、不安を煽って、有害だから安全なこれを買いましょう的な記事は目立ちますよね。




便利なものでも使い方次第。
安全面も頭の片隅にいれておきましょう。
こちらのBlogには、フライパンの関連記事が多数掲載されています。



わたしはキッチンツールメーカーに勤めていましたが、
テフロン加工は業界でも懸念されており、
使っている人はあまりいませんでした。

正しい使い方をしないと
体に有害となる恐れがあるからです。

決してテフロン加工のフライパンを使ってはいけない
ということではありません。






テフロン(フッ素)フライパンを長持ちさせる使い方

コーティングが剥がれて痛んだフライパン
3年間使ってきたフライパン


コーティングされたフライパンは、便利な反面、繊細だということがわかりました。
どんなに高いものを購入してもすぐにダメになってしまうのでしょうか?
半永久的に使用できる鉄製のフライパンにはかないませんが、ショップ店員さんの話にもあった通り、よいフライパンを購入し、大切に10年近く使用している方もいらっしゃるようです。

長持ちさせるためには、どんなことに注意をしたらよいか、参考になる記事を紹介しておきます。






こちらは、合羽橋にある調理道具屋さんのBlog。
なんで秘訣2にリンクしているかというと、1から読むとどうやって2へ進んでいいのかわからなかったからです(興味深い記事なのに残念)・・・



料理に適切な温度は「160℃~どんなに高くても180℃」と言われています。
本来ほとんどの料理では、200℃を超えるような強火での調理は必要ありません。

弱火~中弱火でじっくり熱するように調理すると食材に味が染み込みやすくなりますし、テフロン加工の寿命を大きく伸ばすことができるようになります!






テフロン系フライパンを長持ちさせるために気をつけておきたいことは以下の通り。

  • 強火は使わない
  • 空焚き厳禁
  • 金属製の調理器具不可
  • 柔らかいスポンジで洗う
  • 急激な温度変化不可
  • 食材はいれっぱなしにしない
  • 毎回奇麗に洗う(汚れを残さない)
  • 洗った後は水を拭き取る


空焚きは、有毒ガスが発生する危険性もあるので絶対にNG!
こうして長持ちのコツを見ると、鉄製のフライパンの方が楽かも。

気持ちがなえそうになりましたが、コーティング系フライパンを買う意思は固めました。

高温で使えないテフロンのフライパン でも調理にはぴったり

さて、極端な高温での使用に耐えられないフライパン。
紹介した記事の中で書かれていましたが、そもそも調理にテフロン系のフライパンを痛めてしまうような高温は必要ないかもしれません。

最近、食材の栄養素を保ったまま、簡単に美味しくできあがる低温調理が話題になっていますね。
低温なので野菜炒めなど定番のメニューも失敗なく、シャキシャキとした食感で仕上がります。

テレビなどでも話題ですね。
時間はかかりますが、失敗なく楽。
テフロンのフライパンにもぴったりな調理方法です。



よいフライパンは重い

せっかく軽い素材でできたアルミベースのコーティング系フライパンを購入するのに、よいフライパンは厚みがあり当然重たくなります。
熱をしっかり蓄え、強度を保つためにも厚みのあるものは必須の条件です。

厚みや重みのおかげで、お料理が美味しくできあがります。
ルクルーゼやストウブのお鍋と同じですね。

では、代表的なフライパンは実際どれぐらいの重量があるでしょうか。

Fissler


ドイツのフィスラー。
同社の中で最高品質のプロテクト。
ステンレス素材を使用した評価も高いフライパンですが、重量は28cmで2.1kg。

GSW/ruhru


同じくドイツGSW(ルール)。
GSW、かわいいクマのマークのルールは同じです。
こちらは、純粋にドイツ製ではありません。

1.3kg。


SCANPAN


こちらは、60周年を迎え記念モデルも販売されているデンマークのスキャンパン。
最上位モデルの深さは4.5cmで、重さ1.46kg。


BIOTAN Gastrolux


デンマークのバイオタン。
現在、最高峰と評価の高いフライパン。
重さ1.675kg。


Le Creuset


最初に購入しようと思っていたルクルーゼ。
1.05kgと表記されていたりしますが、26cmで実測1.31kgというAmazonレビュー有り。
28cmは、ショップさんによって1.65kgと書かれています。
実際に持った感覚からいっても1.05kgとは思えない・・・・


MEYER


こちらも購入を検討していたマイヤーの上位モデル。
1.5kg。原産国はタイ。


turk


ドイツのフライパンといえば定番のターク。
熟練した職人さんが作り出す鉄製のフライパン。
重さ1.9kg。


deBUYER



こちらもド定番、フランスのデバイヤー。
タークは工芸品のようになっていますが、こちらは道具という感じ。
軽量モデルもありますが、こちらは重さ2.180kg。


鉄製フライパンの方が重たい!という先入観がありますが、よいものを購入しようと考えるとコーティング系フライパンの重さも相当なものだとわかります。

鉄製フライパンもコーティング系フライパンもいいものは

重い!

用途によって、鉄製とコーティング系のものを使い分けようかとも考えていましたが大差ないことに気づきました。

その他 AMT / RUN
個人輸入も視野に入れて、ドイツ製のフライパンを調べてみました。
国内には並行輸入で少量しか入ってきていないようですが、ドイツのAMTも世界一と評価の高いフライパンです。
※2017春ごろ国内正規販売が開始されるとか。気になる方は要チェックです。
ツイッターのアカウントはこちら。



AMT Gastroguss 528 直径28cm 深さ5cm 重さ1.6kg。
製品の詳細は、ETM TESTMAGAZINのWebページで。
油なしで目玉焼きを作ったり、外側はこんがり、中はジューシーに焼き上がったステーキなど調理の様子が掲載されています。



後日、正規販売目前ということで、ひと足早く購入しました。かなりの好感触。



著名人も使っているドイツ製のRUN。
こちらも入手ルートが限られていますが、世界一の称号を手に入れたフライパンとして評価されています。
素材、鋳造から拘った結果か、重さ1.84kg。フライパンとしては拷問といえる重さ。

現在(2016.6)、バイオタンの正規代理店にもなっているユーロキッチンでアウトレット品のみ購入できます。
いろいろ悩んだ結果、入手も難しそうなのでRUNのフライパンを購入しました。




世界一のコーティングフライパンを買ってみた

RUN Alulith-Cast Deep Frying Pan
RUN Alulith-Cast Deep Frying Pan


大切に使うつもりでRUNのフライパンを購入してみました。
アウトレット品のみしか選択肢がなかったのが気になりましたが、傷らしい傷が見当たらなかったのはほっとしました。

開封して取り出そうとした瞬間、あまりの重さに恐れをなします。本気で重い・・・
コーティング面は、想像以上にざらざら。



コーティングフライパンを長持ちさせるコツ ユーロキッチンかさい


フライパンには、使い方の注意書きと便利グッズのオマケつき。

予熱時間は、目安として中火で2〜3分。
250°以下で使用すること、弱火〜中火で調理可能なものは、重くて厚いアルミ製を使用した場合のみと書かれているので注意が必要です。

正しい使い方を確認したので、実際にドイツ製のフライパンを使って今晩のおかずを作ります。

ドイツ製のフライパンで中華料理を作ってみた

ドイツ製のフライパンで調理中
回鍋肉を作ります


フライパンを中火で2分ほど温めてから食材をいれます。

キャベツ半玉にピーマンひと袋(4つ)、豚肉約200g。
28cmの深さ7cmでちょうど良い大きさ。
調理前の野菜はとにかくかさばるので、調理のしやすさからいってもこのサイズは必要。
余裕があるぐらいでないと、せっかく買っても窮屈で使いにくいものになってしまいます。このへんはお鍋のサイズ選びと同じです。



炒め物なのでフライパンをさくさく振れるといいですが、食材が入った状態になると相方でも片手では難しい重さ。
なのでへらでしっかり混ぜながら炒めます。
サイズも深さもじゅうぶん。重量もありしっかり安定するのでこぼれることを気にせず調理がはかどります。

今までは強火でじゃんじゃか炒めていたので頼りなく感じていましたが、熱をしっかり蓄えていてくれるせいか、それなりにしっかり炒めることができました。

この日は、もやしを使った中華風のおかずももう一品。
まずは、回鍋肉をお皿に盛りつけなければなりません。
お箸やお玉をつかって丁寧に作業できれば盛りつけもできるでしょうが、もう一品作るのでそんな余裕はとてもありません。
両手でしっかりフライパンをお皿の上に持っていき、流し込む感じでお皿に移します。

さらにアツアツのフライパンをそのままじゅっと水につけるのはNG。
少し冷めるのを待ち、お湯でフライパンを洗います。(ここはキッチンペーパーで拭き取るととっても簡単綺麗になります)

洗ったあとは、水滴を拭き取ります。
拭き取りは、拭くというよりさっと払う程度。
凄まじい撥水効果でさくっと済ませることができます。



ドイツ製のフライパンで作った料理




調理時間は多少かかったものの、おかずを2品準備することができました。
調理中、今までとは明らかに違う火加減や熱のまわり方に戸惑いましたが、初めてにしてはまずまずの仕上がりでした。

翌日は、厚めのステーキ、その次は魚のムニエルを焼きました。
フライパンを振る必要もないし、安定感もばっちり。
4人ぶんの食材を並べても、じゅうぶんな余裕を確保でき調理がはかどります。

調理中、しっかりとした厚みと重みの恩恵を存分に感じることができました。

拷問のような重ささえクリアできれば悪くありません。

※追記
その後、このフライパンでの調理にも慣れてきました。
フライパンを使って2品以上作る場合は、キッチンペーパーでさっと拭き取ればスムーズに調理を続けることができます。
全く焦げ付きなく、食材を綺麗に焼き上げることができます。
薄い卵焼きも油なしでOK。
焼きあがったら、さらっとフライパンから卵焼きが剥がれていきます。
重さは変わりませんが、慣れてしまえばもうこの手のフライパン手放せません!

ドイツ製のフライパンを購入して感じたこと
RUN Alulith-Cast Deep Frying Pan



ほぼ毎日のように使うようになり、火加減には慣れてきました。
普段使いにはとにかく重い!重過ぎるっ!
洗うにも、盛りつけするにも、片付けるにも相当な腕力が必要です。

調理中に焦げ付くストレスから逃れるために、重く、手間がかかる道具を購入する。
正気ではとてもできないようなお買いものですが、調理の度に焦げ付くのは相当なストレスになります。

ならば鉄製のフライパンを育てて・・・と単純に考えてしまいますが、鉄製のフライパンでも焦げ付く時は焦げ付きます。
実家から譲り受けた鉄製フライパン(何年も使っていてしっかり馴染んでいる)をふたつ持っていましたが焦げ付くので返してしまいました。

どんなに優れた道具でも、結局は使い方次第。
コーティング系のフライパンを購入する場合、よいものに拘らず、使い捨て感覚で買い替えていった方が幸せになれる場合もじゅうぶんにありそうです。

そういったことを踏まえて、誰にでもお勧めできるものではありませんが、健康面、安全面や焼き上がりの良さ、耐久性を備えたものをと考えるなら、最低限、重量があり厚みがあるものを選ぶこと。

妥協したくないなら、バイオタンという選択になりそうです。
バイオタンの正規代理店はこちら。



今回、ドイツ製のフライパンを使ってみて、どんなに高価なものを購入しても丁寧に扱わなければいけないことがわかりました。
重量級のコーティングフライパンをメインで購入した場合、調理以外の部分で快適さは犠牲になります。
鉄製(焼く調理)とコーティング系(炒める調理)を使い分けると書かれているページにも目を通しましたが、もし、このクラスのフライパンを購入した場合、そういった使い分けの必要性は感じられません。

今回購入したようなフライパンは、厚みも重みもあるので"焼く"調理にマッチしています。
得意料理は、完全に鉄製のものと被ってきます。

炒め物は、焦げつきから解放されるものの盛りつけなどが大変になってきます。

こういったフライパンは、単に快適さを求めるというよりは、健康面にも気を配りながら、美味しく奇麗に食材を焼き上げたいといった拘りを持った人のための道具

このような位置づけになりそうです。

フライパンは、便利グッズを使ってこのようにシンク下に収納しています。


Sponsored Link








2 コメント:

  1. 一昨年フライパンを買い換えましたが
    全く同じような経緯で笑ってしまいました(笑)
    ワタシは結局、重さがネックになり
    (腱鞘炎持ちなので)
    テフロンですが日本製でナカオという製品を
    購入しました。
    ひどく使い勝手がよく
    去年サイズ違いを買い足しています。
    ただ業務用サイズ(直径が奇数)なので
    フタがなかなか手に入りません(笑)
    なんやかんやで毎日使うものなので
    少しでもストレスを減らしたいですねー。

    返信削除
    返信
    1. 砂くじらさま
      まったく同じような経緯だったのですね(笑

      フライパンの重量そのものは2kgにも満たないものですけれど、1kgを超えてくるといろいろな面で快適さは損なわれますね。

      直径が奇数のものは珍しいですねー

      重たいフライパンなので、振ることは考えずにしっかり据えてお料理を楽しみたいと思います。
      せっかく購入したので、洗ったり、片付けたり頑張ります!

      削除