そよかぜスタイル

電気代が安くなる!Loopでんきに切り替えた結果

+ No comment yet
Loopでんき電気料金シミュレーション結果




電力自由化が始り、ネットで比較して申し込むだけで電気代が安くなる!そんな感覚が、ほんのわずかですが定着しつつあります。
でも、電力会社を切り替えるとなると、本当に安くなるのか?ちゃんと電気がくるの?違約金や契約金がかかる? そんな具体的な疑問や、なんとなく不安、面倒といった理由で、電気代の節約はしたいけれど、まだ比較もしていないという方もたくさんいるかと思います。

我が家も、最初は、なかなか比較すらできませんでした。

でも、毎日の電気料金は切実な問題。
ざっとloopでんきでシミュレーションしたところ、年間8,000円以上電気代が安くなることが分かりました。
切り替えは至って簡単。なんの煩わしさもなく電気代が安くなったので、『節約したいけれど何となく不安で踏み出せない』そんなあなたのためにわかりやすく記事にしてみます。
※オール電化にお住まいの方は、ほとんどメリットはないものと思われます。

もくじ



Loopでんきへの切り替えは超簡単すぎた

電力自由化で電気代が安くなる。
各種電力会社の電気料金比較サイトを目にする機会が増えてきました。
気にしながら雑誌などに目を通すと、電力会社を乗り換えても従来と使い勝手は変ることはないと書かれています。

ということであれば、早く一番お得な電力会社へ切り替えをお願いしてしまえばいいのですが、正直言って電力会社が多すぎてわかりにくい(資源エネルギー庁のページを見ると電気事業者は300社ほどある)。
冒頭に書いたように、電力会社の切り替えはなんとなく不安が付きまといます。

見積ページなどへいってみると、契約のアンペア数(○○A)、使用電力料(kWh)など記入しなければならず、みただけで難しそうに感じてあとまわしに。
新電力を比較している良記事に目を通せば通すほど、詳しく書かれていてかえって混乱してしまいます。

我が家がどのアンペア数で、どんな契約をしているかなんて、本気でシミュレーションをするまで知りませんでしたから無理もありません。

そんな状態なので、海外旅行で有名なH.I.S(5%off保証)を念頭においていましたがしばらく放置していました。

各社電気料金が出そろい、違約金0の会社なども出てきたので重い腰を上げてみました。

やる気になったら15分程度で申込み完了。
あまりにも簡単すぎてびっくりするぐらいでした。

電力会社を切り替える前にするべきこと

電力会社を切り替えるためにいちばんの障壁になるのは、自分の家がどんな契約で、どれだけの電気を使っているかを調べることです。
毎月届く『電気ご使用量のお知らせ』(検針票)を見る、たったこれだけ。

ここに全ての情報が記載されています。

まめに家計簿を付けている方なら問題ありませんが、いざとなるとこの検針票がどこを探しても見当たらない。
挫折しかけたのですが、ネットで確認できるように手続きをしていたのを忘れていました。
過去の電気使用量や料金が月ごとに見れて便利ですね。

確認すると、我が家は50A
契約は、従量電灯Bでした。

一括見積サイトがいくつかあるので、住んでいる地域、契約、アンペア数と使用量を入力すれば、その地区でいちばんお得な電力会社があっというまにお得な順に表示されます。
使用したシミュレーターはYahoo!のページ(価格.comの情報をもとにしている)。



いちばんお得なLoopでんき年間8,513円お得〜10番目に表示されているKDDI でんきMプラン(auでんき)は44円のお得という結果になりました。

電気代を少しでも安くしたいからLoopでんきに決めた

Loopでんきtopページ
https://looop.co.jp/


さっそくLoopでんきのページに飛んでシミュレーションを開始します。



一括サイトと同じように情報を入力していきます。


Loopでんきシミュレーション
シミュレーション開始


結果は、最初のスクリーンショットの通り、年間8,000円以上節約できます(あくまで目安になります)。
従量料金が一律26.00円(関西電力供給エリアは22円へ値下げされています)、基本料金0円、携帯会社にあるような2年縛りなどもなくシンプルそのもの(契約は1年契約の自動更新。解約しても違約金なし Loopでんきよくある質問 『料金・ご契約内容・お支払い』 Q11 参照)。

あとは、ネットからそのまま注文しておしまい。
たったこれだけで出費を節約できるのでとってもいいです。
Loopでんきは、東京電力、関西電力、中部電力エリアで、5/31までに申込をすれば(期限がなくなっています)基本料金が0円です。

※おうちプラン申し込み前に、電力会社で従量電灯B(関西電力、中国電力、四国電力は従量電灯A)の契約に切り替えてLooopでんきに申し込んでください。

これが決定打。即決しました。

期待はずれ過ぎたのがauでんき。いったいいくら節約になるのか、ポイントで還元などわかりにくいし割安感が実感しにくい。
抱き合わせ、セット販売的なプランは、電力会社や通信会社を変更したくなった時にややこしいことになる可能性が高いです。
よほどインパクトのある強力なポイントバックでもない限りお勧めしません。

どこで電気を購入しても、こつこつとした節約になりますが、何の意識をしなくても節約につながるというのが最大のメリット。

あれこれ考えるのが面倒なら、5%offを保証しているH.I.Sが最も節約の近道です。



電気代の節約から少し話がそれてしまいますが、せっかく自由化になったのに、出そろったプランをみると、第一印象は、え?たったこれだけのこと?と思うでしょう。

でも、たったこれだけという金額でも、ただ切り替えるだけで節約につながるというのが魅力です。
節約しようと苦労する必要はありません。

我が家の電力消費量とシミュレーション結果詳細

Loopでんきシミュレーション
シミュレーション 入力画面


改めて、年間の電気料金、使用量を正確に把握できたので、目安になるように掲載しておきます。

Loopでんきでのシミュレーションは、12ヶ月ぶんの電力使用量を入力しても、任意に指定したひと月ぶんだけの入力でも(例えば4月ぶんでなど)料金を算出することができます。
いちおう、ごらんの通り月ごとの電力使用量を入力して年間の電気料金を算出してみました。
左側が、ここ一年間支払った電気料金で、右側がLoopでんきに切り替えた場合の料金。

結果が8,413円の節約(特定の月だけをいれた場合1,0000円以上の節約という数字もでてきました)。

我が家の場合は、1月にもっとも使用量が多く1月の電気料金は12,259円で使用料は438kWhです。
一番安い月は、6月で5,139円、使用料は170kWh。
※Loopでんきの入力画面は1〜12月、従来の電力会社のページで確認した料金は4月(今年)〜5月(昨年)で表示されていたので上から順番に入力してしまい、上のスクリーンショットは月と使用料がおかしなことになってしまっています。ごめんなさい(汗

我が家は、おとな2人、高校生、小学生の息子たちの4人家族。
契約種別は従量電灯B
容量は50A

年間の支払い総額は、95403円(3,346kWh)。
ひと月平均ざっと7,950円(278.8kWh)です。

従来の電力会社のままだと、1kWhあたりおよそ28.5円。
Loopでんきだとこれが26円となります。

電気代が10,000円を超えていたのは、1、2月の二ヶ月間だけ、夏の時期は8月が8,000円台でその他の月は5,000円台と低いです。
ちなみに、お風呂、キッチンはガス、空調はエアコン(電化製品)に頼っています。

電力会社切り替えに必要な工事は10分ほど


スマートメーター
スマートメーター


ネットからの申込後、10日ほどが過ぎてからスマートメーターの工事がありました。
工事といっても、ブレーカーを落として待つこと10分ほどで終了。

なにが変ったのかもわかりません。
Loopでんきは、◯年縛りや、他の商品との抱き合わせもなく、解約料などもかからないので、何となく不安があるけれどお試し的に切り替えてみるという感覚でもまったく問題ありません。

Loopでんきと比較すべき電力会社

さて、いろいろ不安だし、手間はかけたくないけれど、もう少し見比べたいと考えている慎重な人もいると思います。
生活の中で欠かせない、大切な電気です。そう考えても当然のことです。

でも、もともと単価がそれほど高くない電気料金なので、年間で数万〜数十万円変わるということは、よほどの事でもない限りありません。
どこに変えたとしても、ほんのわずかな差でしかないのが実情なので、シンプルで縛りがなく分かりやすいところに手間暇かけずに移行するのが良いのではと感じます。

比較前にもう一度書いておきますが、

電力会社の切り替えでリスクはまったくありません。
どこでも良いので乗り換えれば、ほぼ確実に安くなります。

2017現在、Loopでんきと比較しておくべき電力会社をまとめておきます。
どこにしようか考えてそのままにしておくのが1番もったいないことです。考えすぎないようにしましょう。

H.I.S.

H.I.S.でんき



Loopでんきの供給エリア外に住んでいるならここ一択。
30A以上の契約で、電気代5%offを保証しています。
本当にわずかな額ですが、月々の電気の使用量が少ない人、単身、二人暮らしのようなお家でも確実に安くなります。

参考Blog

H.I.Sでんきは、一人暮らしの方でも、電気代を節約することが可能。



ちなみに、月約4000円ほどの電気代の私の場合、4000 * 12 * 5%で2400円ほど年間で安くなる。WEBから申し込むだけで年間2400円もらえるようなものなので、一人暮らしの身には大変助かる制度だ。


額はたいしたことがなくても、年間これぐらいの額でも給料をあげようと考えると難しいですよね。



4人家族で年間3,000〜4,000円安くなるということで、H.I.S.電気へ切り替えた方のBlog。
申し込み方法についても触れられています。
使用量が増えれば安くなるというプランが多い中、使用量が少ない家庭でも確実に電気代を節約できるのがメリットと書かれています。



  • 契約アンペア数30A以上であること
  • 1年未満の解約は2,000円かかる
  • クレジットカード支払いを選ぶ


供給エリアが広く、シンプルに安くなるので、1年縛りを覚悟してしまえばここが1番お手軽です。



関東エリアならENEOSでんき

ENEOSでんき



ガソリンスタンドのENEOS。
供給エリアは限定的ながら、ガソリンの割引、Tポイントの付与などのサービスが話題になっています。
ガソリンの割引は最大1ℓにつき8円引き。
2年契約をすると電気料金がさらに値引き(この場合途中解約は1080円かかる)。
1ヶ月の電気使用量が180kWh以上だと従来より割安。

参考Blog

こちらの記事では、東京ガスと比較してENEOSでんきに決めた方の記事。
4人家族、電気代は1番電気代が高い月が28,000円以上、安い月でも10,000円近くかかっています。
高い月が10,000円以上の方に乗り換えを勧めています。
我が家に比べると、かなり電気代がかかっていたようですね。



こちらのBlogでも、やはり東京ガスと比較して、年間20,000円近くの節約になるということでENEOSでんきへ。
申し込み方法から、Tポイントの受け取り設定まで丁寧に描かれています。



こちらは、ENEOSでんきに切り替え後の記事。
電気料金は安くならなかったとは、電気の使用量が増えたから。ちょっとつりっぽいタイトルですね。
安い電気に切り替えて、快適な暮らしを選んだと結ばれています。



  • 給油割引はENEOSのクレジットカード、東京電力管内のスタンド
  • Tポイントと給油の値引きの併用は不可
  • ENEOSカードは利用料年間1250円かかるものがある
  • 8円引きの給油は最大150lまで


我が家は東電供給エリアではないのでほとんどスルーでしたが、目玉である給油が1ヶ月150lまで(値引き額として最大で1,200円)という制限があります。もともとENEOSカードを持っていれば、給油の値引きは受けれる部分もありますし、年会費も掛かるカードもあります。

給油も値引きされてTポイントもいただけると思っていたのですが、どちらかの特典を選択する必要があります。
この辺りのサービスは、おまけ程度に考えておいた方がよいと感じますが、実際に切り替えた方々のBlogに目を通してみると、電気代がTポイント付与分1017ポイントを含めて29,000円安くなったという方もいます。
値引き額が大きい方の記事に目を通してみると、使用量も我が家と比べて多いからともいえます。



その他、東電エリアでは、東京ガスも対抗馬になっています。
電気代を1円でも安くと頑張る気力のある方は納得のいくまでとことん調べてもいいと思いますが、電気代単体で安くなるのかをシミュレーターで調べて安くなるようなら切り替えてしまった方がお得です。
簡単に電気代を調べて切り替えてしまえば安くなりますし、電気代以外の値引き分を重視して切り替えをしてしまうと、他のサービスを切り替えたい時にネックになるということを頭に入れておきましょう。

最後に、Loopでんきに切り替えた方の記事を参考に載せておきます。

こちらは、関西電力エリアで、乗り換えた方の記事。
今、loopでんきに乗り換えて最もメリットがある関西電力エリア。
電力使用量が増えても、わずかに電気代が下がっているそうです。
関西エリアの値下げは強力ですね。





こちらは、北海道でLoopでんきに切り替えた方の記事。
支払いは、クレジットカード払いのみ。
ネットでの申し込み方法についても書かれています。
書くまでもないぐらい簡単なんですけど、わからない方は、参考にしてみてください。



Loopでんきは、契約後、供給エリアを拡大し、北海道から九州までカバーしています。
中でも、関西電力エリアの方は、値下げが実施されたので、真っ先に候補に挙げて良い電力会社になります。
どの電力会社と契約しても、料金の支払いはクレジットカード払いを選択して、明細はネットで確認するようにしましょう。
書類を郵送してもらうとなると、会社によって200円程度費用が発生してしまいもったいないからです。



電力会社を切り替えていくら安くなったか


loopでんき 利用料明細


loopでんき 利用料明細



さて、Loopでんきに切り替えて1年以上が経過しました。
気になる利用料金が確定しましたのであげておきます。
2016.6から利用を開始して2017.8月までの明細ページのスクショを上げておきます。
切り替え前の電気料金は、年間3,346kWh使用して95,403円。
1kWhあたりおよそ28.5円でした。

2016.9〜2017.9までLoopでんき切り替え後は、年間3805kWhの使用で98,930円を支払いました。
暖房をガスからエアコンに変えたことなども影響してか、切り替え後の方が電気の使用量459kHw増えています。
単純に、切り替え前、従来の電力会社の電気料金で計算してみると

3805kWh(1年間の使用量)×28.5円(1kWhあたりの料金)=108442.5円

Loopでんきに支払った額は98,930円ですから、切り替えたことによって、年間約9,512円の節約につながっています。

数万円単位といったインパクトこそないものの、使用量そのものが多くない我が家としては、超簡単な手続きのみでこれだけの節約につながっているならまずまずです。

このページを読んでいるあなたは、日々のお買い物で少しでも安く買えるスーパーへ出かけているかもしれません。
チラシに目を通して、数円のために少し遠くのお店にも足を運んでいるかもしれませんし、1lあたり1~2円安く給油するためにわざわざ車を走らせているかもしれません。

電気を切り替える手間は、どれだけ時間をかけても30分あれば完了し、1度手続きしてしまえば特に意識しなくてもコツコツ確実に節約を続けてくれます。
そう考えると、面倒だからとそのままにしておくのはもったいないですよね。

Loopでんきはこんな人にお勧め
年間2,0000円節約などインパクトのある数字は出てきませんでしたが、Loopでんきはシンプルそのものなのが気に入りました。
シミュレーションページで、条件をあれこれ変えて調べてみましたが、おおむね下のような条件のいずれかにあてはまる人は節約できる可能性が高いです。

  • 電気代は抑えたいけどややこしいことを考えるのはいや
  • 容量が40A以上
  • ひと月の電気代5,000円以上
  • 別荘的なものを持っている(基本料金0円だから)

※2017.8.1〜関西電力エリアでは、25円/kWhの料金が3円引き下げられて22円/kWhになっています。すごいぞLoopでんき!!

もっと面倒かと思っていたので、簡単に切り替えが済んですっきりしました。

電力自由化によって、現在は、価格競争が激しく、幅はそれほどでもありませんが幸い値下がりしています。
切り替えることによってのデメリットは特に感じませんし、電気がストップしてしまうといったことはおこらない仕組みになっています。

こういった毎月の決まった支出は、家計の節約ということに焦点をあてた場合、早く始めるほどメリットを享受できるので、まだの人はめんどうでもシミュレーションを試してみることをお勧めします。






せっかく電力会社を切り替えて節約した電気代。
エアコンのお手入れ一つで、かなり光熱費が変わってくるようです。
ずっとお手入れしていない方がいましたら、簡単なお手入れだけでもすぐに効果が出るはずですよ。



Sponsored Link