そよかぜスタイル

お葬式を相見積もりで手配し家族葬で見送った結果

+ No comment yet
家族葬の様子




年が明け、ほっと一息ついたところに、立て続けに身内に不幸がありました。
知らせを受けると、突然の出来事に驚きや、悲しみや、たくさんの思い出や、もっと色々なことが・・・など、様々な想いが湧き上がってきます。
そんな中、お葬式の段取りを任されることになりました。

ほとんど何も備えていなかったので、かなり焦りましたが、結果、数件に問い合わせ後、地元の葬儀屋さんにお願いしたら、しっかりとスムーズに見送ることができました。
費用は、お葬式、お花、お坊さんのお経、火葬まで含めて約30万円。

いざとなった時に困った人のために、気になる費用や様子を記事にしてみます。



突然の不幸にどう対応するか

相方の祖母が亡くなりました。
祖母は、高齢で、兄弟も、親戚も、親しかった友人もすでに他界して、祖母の息子である叔父さんも病気を患っており、唯一、元気な叔父さん(喪主)は他県で暮らしているのですぐに駆けつけることはできず、祖母を見送る段取りができる人が私(相方)以外にいませんでした。

叔父さんと母の話を聞くと、お葬式は家族だけで、できるだけ質素に、負担をなるべく抑えたいという意向のように感じます。
弱みにつけこまれて、あくどい業者に任せることになってしまうのではないかという不安も感じました。

病弱な叔父さんには、自分の体調や治療費のこともありますし、できるだけ費用を抑えつつ(現実的なことですが)納得のいくような送り方をと考えました。

本来なら、叔父、母が手配するところですが、携帯電話も使いこなせない二人では無理と判断し、とにかくお葬式をどこでどのようにするか調べてみました。

結果、候補は、地元の葬儀屋さん、ティア(母が会員になっている)、小さなお葬式の3つに絞られました。

とにかく電話して聞いてみたらいい
何も知識もないので、どうしたらいいのかわかりません。
私は、本来ならするべき人ができないので代わりにという立場だったので、いかに良い(要望に沿って、スムーズな)お葬式ができるかという点に集中することができました。
なので、候補の3社に電話で問い合わせをしました。
全て、電話をした段階で、住所、氏名、電話番号、亡くなった日など詳細を聞かれます。

地元の葬儀屋さんは、とりあえずお話をお伺いしてという回答。
ティアは、家族葬(会場で)の基本料金にお花、お坊さん代を加えると50万円ほど。
あとは柔軟に対応するので打ち合わせ後という回答。

小さなお葬式は、式のみ(自宅)の代金で19万円という回答をいただきました。
事前に会員登録をしておくと値引きがあるそうですが、問い合わせると、会員登録はされていませんが、ネットで調べてお電話いただいたということで、会員価格にさせえていただきますという回答。
その後、再度担当者さんから、16万円でという提示を受けました。

それぞれ、お坊さんの手配は可能(別料金)、お花(別料金)、自宅で亡くなったので遺体を保存するためのドライアイスの交換費用について詳しく説明を受けることができました。

費用の面だけなら、小さなお葬式に頼もうかと考えていた矢先に、なんと地元の葬儀屋さんの担当者さんがすっ飛んできました。
「すみません、〇〇です」
「え?もうきたの?ごめんなさい。来ていただいても叔父さんの意向も確認できていないし、詳細を聞かないと決めれませんよ」
「大丈夫です。とにかくお話を・・・」
「お話は聞きますけど即決はできませんよ。他社にも問い合わせしています。20万円以下で収まるというところもあるので」
こちらも、強引に話を進められてよくわからないまま決まってしまうのは嫌なので、言うべきことをきっぱり言います。

「大丈夫です。とにかく打ち合わせをさせていただけるだけで大丈夫です」

こんなやり取りの後、簡単な焼香台セットを持ち込んで打ち合わせをすることになりました。

祖母の事情、叔父さんの事情、他社の金額を伝えると、では、我が社がお坊さん、お花代以外、式にかかる代金込みで20万円(税別)でやらせていただきますとのこと。
会場は、祖母の家から徒歩5分ほどのところにあるので、式の前日に遺体を移して、会場も準備させていただきますと言います。
何より、こちらのことを考えて、親身になってくれている熱意(誠意)を感じたので、叔父に電話で確認をとりきめました。

初めての経験でしたが、お葬式について、3社に問い合わせてみた結果をまとめます。
  • 相見積もりしても大丈夫
  • 電話すると詳細を伝えなければならない
  • わからないことはどんどん聞く
  • 決まりましたか?と何度か電話がある
  • それなりにプッシュされる

基本、どこも、対応は、丁寧で良かったです。

状況をしっかり説明すれば、必要なことや、それにかかる費用など詳細も案内してもらえます。
ただ、気が動転している部分もあり、時間的に焦ることでもあります。
やんわりとですが、それなりのプッシュを受けるので、相談はするけど即決はしないという態度をしっかりととりましょう。
態度をはっきりしておかなければ、相談したらもうその場で決まってしまいそうな勢いでぐいぐい押されてしまいます。
それが、良心的な業者さんなら問題ないですが・・・

地元葬儀屋さんの対応

押しかけられる形で始まった打ち合わせ。
了解すると、すぐに祖母の枕元に小さな祭壇をセット。
準備してきたドライアイスを遺体の周りに入れ、布団なども整え、いつでもお線香をあげることができる状態になりました。

お葬式の日取りの関係で、祖母をそのまま2日、家で寝かせることになりましたが、その間、定期的にドライアイスの交換もしてくれました。
このドライアイスの交換、火葬前の湯かん、火葬場までの車両代に費用が別途かかる場合があります。(かすかな記憶ですが、ドライアイスの交換が一回2,000ほどだったか・・・)

祖母の自宅で寝かせておくことができたので、親族(と言っても4~5人)が集まって、ご飯を食べたり、思い出話をしたり、最後に祖母とゆったりとした時間を過ごすことができました。
このように家で過ごす時間があったから、あまり接する機会がなかった子ども達も、ひいお婆ちゃんをしっかり見送ることができたはずです。
他県から駆けつけた叔父さんも、最後にこうして賑やかに集まれて本当に良かったなぁと満足そうでした。

会場だと、控え室がありますが、やはり自宅に勝るものはありません。
式の前日まで自宅でという提案をいただけて本当に良かったです。

お通夜はせず、式のみだったので、式は、本来親族の控え室として使用される部屋で行いました。
参列者は8人だったので、お経をあげてもらい、見送るには十分な広さでした。
逆に、広々とした会場だったら、寒々として、寂しかったと感じます。

火葬場でも、ちゃんと待合室が確保されていてびっくり。
2時間ほど待たなければいけないのですが、混み合う火葬場での待ち時間も、ゆったりと時間を過ごすことができました。
高齢者や病気を患っている身内がいるのでこれはとてもありがたかった。

担当者さんには、本当に感謝しています。
最後まで、しっかり満足いく形で見送ることができました。ありがとう。

お葬式まとめ
お葬式というと、不透明で、高額なイメージがありましたが、今はそうでもないようです。
叔父さんから、父の時は、はじめ100万円という見積もりで、実際に終わったらほぼ倍の請求が来ていたという話を聞かされました。
確認してみると、頼んでもいないものが次から次へと勝手に追加されていた結果だったとのこと。
「今は、そんなことできないよな。本当に気分が悪かった」
と振り返っていました。

亡くなった方を見送るのに費用の話ばかりになってしまってもと感じますが、様々な事情で、やはり現実的な問題もかなり重要。
今は、他のサービスと同様、しっかりと比較、検討できるし、しておかなければいけないと感じました。

担当者さんも、「高齢の方が増えたので、こういった負担の少ない見送り方にしっかりと対応していかなければならないと感じています。実際に要望も増えていますので」とのことでした。

様々な状況があり、申し訳ないぐらい簡略化。
形式からは外れていますが、最後まで祖母を見送ることだけに専念できた気がします。
とても良い時間を家族で過ごすことができました。

費用は、お通夜なしの式のみで20万円+消費税。
お花、お坊さん、火葬場までの車両代、湯かん、火葬の代金含めてほぼ30万円。支払いは、締め日に請求が届くというシステムでした。

それぞれの事情や状況があるはずですが、まったく備えていないなら、数社をしっかり比べてみることは、まったく悪いことではないと感じました。

Sponsored Link








Comment