そよかぜスタイル

チボリオーディオModel Oneを購入してみた

+ No comment yet
3階建ての家に引っ越しを済ませたあと、1Fに"音"がないことが気になりはじめました。
オーディオ的なものを購入するなら、インテリア的に置いていても気持ちのいいものを・・・
そんな風に思って、チボリオーディオのラジオが気になりだしました。




チボリオーディオのある部屋
ヴィンテージモノ満載のコーナー Tivoli Audio Model One Jielde




ラジオとしてはけっこう高額な部類にはいるものなので、購入前にリサーチしたのが前回の記事。



海外の電化製品ということもあって、多少不安な部分もあったのですが、まとめ記事をアップするためにあれこれ調べていたら欲しくなってしまって購入してみました。
購入したのはチボリオーディオModel One Cappellini Collection。
簡単にレビューをアップしてみます。

チボリオーディオのラジオを選ぶまで



チボリオーディオ ラジオ ステルトンクラシックバキュームジャグ
Tivoli Audio Model One Stelton



1fにまったくオーディオ的なものがなくてもの足りない・・・
ひとりでぼーっとしたり、PCに向かったり、何か自分のことをしている時に音が欲しい。
なんとなく聴くのだから、できるだけシンプルなラジオ的なものが欲しいと思って候補に挙がっていたのはYAMAHAの製品。
過去に購入して記事にアップしたシリーズから探してみようと思いました。



とても満足度が高かったのですが、今回はぴーんとくる製品が見当たらず・・・

しいていえば、YAMAHAのカラフルなコンポが候補になっていました。
シンプルなデザインで、コンパクトな雰囲気。
オレンジ、パープル、イエロー、グリーンなどカラフルな10色のバリエーションがびびっときていたのですが、のんびりラジオだけ楽しみたいと思っていたので機能が重過ぎるような気がしてパスしました。

YAMAHA ミニコンポ レビュー


YAMAHAのコンポについて調べてみたレビューはこちら。
まずは、家電・スマートフォン・アプリの比較・評価サイト @DIME。
製品の解説、レビュー、スマホアプリからの操作方法など詳しく書かれています。




こちらは、ライブドアニュース。
インテリアの視点で、コンポについて書かれています。
  • ストレスから解放されたいなら
  • ダイエットを成功させたいなら
  • 豊かな人生を送りたいなら
  • 安定した生活を望むなら
などなど、色や音楽の組み合わせについても書かれていてユニークな記事です。



のちのちリビング用にオーディオを買い足す時に、YAMAHAのオーディオは候補にしたいと思います。


ヤマハ マイクロコンポ Bluetooth対応 ホワイト MCR-B142(W)




あと、TDKのものがかっこよかったのですが、明るいカラーのものがよかったし、ヘビー過ぎて現実的にはちょっと難しい・・・
と、いうわけで今回はチボリオーディオのラジオに決めました。

チボリオーディオのラジオは満足度高し



Model One Cappellini Collection
Tivoli Audio Model One Cappellini Collection Fire-King D Handle Mug



今回購入したのは、ずいぶん前に限定で販売されていた、チボリオーディオとイタリアの家具メーカー、カッペリーニとのコラボモデルのModel One。
iPALなんかはカラフルでかわいいと思うけれど、Model Oneは、ナチュラルっぽいものが人気なのか、発売後ずいぶんたつのにグリーンのモデルワンを新品で購入することができました。

我が家の場合、アンティークの家具ばかりなのでどうしても部屋の色が暗めになりがち。
ラジオを置くスペースは、ペンダントランプはグリーンだし、LANルーターもラグもグリーンを使っているし、ふたりともグリーン大好きだし、このModel Oneはぴったりだと思って購入してみました。

Tivoli Audio Model One Cappellini Collection


Tivoli Audio Model One Cappellini Collection
グリーンのModel One カラーとスピーカーのロゴが特徴


このカッペリーニとのコラボモデルは、グリーンとブルー、国内での販売があったかどうかわからないブラウンの3色だったようです。
国内では限定50台と見かけましたが、各色50なのか全部で50なのかもわかりません。
カラーリングなど外観以外は、普通のModel Oneと同じだと思います。
※Bluetoothはついていません




Tivoli Audio Model One Cappellini Collection 箱
外箱には限定っぽいシールが貼られていました




Tivoli Audio Model One Cappellini Collection
毎度のこと、届いた荷物をどきどきしながら開封



正確な台数はわかりませんが、100台そこそこしかないものがここにあると思うだけで満足度は上がります。



Tivoli Audio Model One 付属品一式
付属品一式 Fire-King D Handle Mug




箱の中身はこれだけ。
シンプルな説明書、FMアンテナ、電源コード、クロス。
AMアンテナは付属していません。
カラーは、実物の方が優しい感じのグリーンでした。





実際に聴いてみた


レビューをまとめていて評価が分かれていた受信感度。
我が家の場合は、アンテナなしでしっかり放送を受信してくれています。
2fに設置してあるYAMAHAのものは、テレビの近くに置いてあるからか?アンテナなしでは雑音が酷いのです。
Tivoli Audioの受信感度は素敵だという解説が圧倒的でした。
この部分が少し不安だったのですが、普通に使うぶんにはかなり良好なようです。

使い方も至ってシンプル。
チューニングにも煩わしさはありません。

音についても、評判通り。
みょうにきれいすぎることもなく、いい雰囲気の、聴いていて心地よい"いい音"を出してくれていると思います。
何気なくラジオをかけていて、耳障りな感じがしないのです。
細かいことですが、電源コードはアダプターっぽいものではなく、ふつうにコードなのがうれしいです。

本体のサイズも、思っていたよりコンパクトなので置き場所に困らない。

デジタルっぽい便利な操作感とは無縁のものだけれど、頻繁にチャンネルを変えたりするわけでもないので、アナログな操作感はまったく苦になりません。
1fではラジオだけしか聴かないつもりなので、これでまったく不便はありませんが、あれこれ繋ぎたい場合はBluetooth搭載モデルの方が断然便利そうです。



チボリオーディオ モデルワン Nikon F S3 SP
Tivoli Audio Model One NikonF S3 SP



現在、家の人のスペースの棚の上に設置。
せっかくなので、Nikon F S3 SP(共にオリジナル)と並べて置いてみました。



チボリオーディオ モデルワン Nikon カメラ ディスプレイ




私のコーナーでもないのに、なぜかうれしい・・・これにしてよかったと満足度高いです。
見た目もさることながら、ラジオだけというシンプルさが素敵過ぎます。
3fの子ども部屋には、カラフルで持ち運びができるiPALを置きたいなぁ〜と思いました。



並行輸入もあり?チボリ・オーディオの購入について

チボリオーディオのラジオは海外のものです。
海外メーカーのラジオが並行輸入品で国内に入ってきて、格安で販売されているケースもありますが、国内のFM放送は受信することができません。
せっかくラジオを聴きたくて購入するのですから、気をつけておきたいですよね。
簡単な見分け方としては、向かって右側の大きなダイヤル周辺に書かれているチャンネルの数字がわかりやすいです。
周波数が異なるので、76〜始っていれば日本仕様ということになりそうです。

が・・・
外部入力を備えていますので、Bluetoothモデルでも、そうでなくても、iPhoneを繋げればラジオもじゅうぶん楽しめますね(とっても便利な世の中です)
コードレスで楽しみたいならトランスミッターを使うという手段も考えられます。
トランスミッターを使うと、FMを受信できる海外のヴィンテージラジオもiPhoneを通じて気軽にラジオを楽しめるようになります。
この時も、トランスミッターの周波数には気をつけて下さいね。

買ってよかった!チボリオーディオ Model One

お値段的にはお高めなラジオの購入ということで少し迷ったのですが、チボリオーディオのラジオは評判通りいい感じのものでした。
ふだん、とりあえずラジオをつけるので、こういったシンプルなラジオの存在はとてもありがたい。

ただスイッチを入れて、決まった局から放送を受信して心地よい音を流してくれる・・・
あれこれ機能が重い製品では味わえない満足感があると思いました。

専門的な事はレビューをまとめた過去記事を参考にしてみてください。






チボリオーディオのラジオでは、時計つきで天井に向けてスピーカーがついているModel Three、カラフルなiPALなど、この他にも気になるモデルがありましたが、最初の1台をModel Oneにして良かったなぁと思います。

Sponsored Link








Comment