そよかぜスタイル

チボリ・オーディオのラジオまとめ

+ No comment yet
1階の部屋にラジオがない我が家。
とにかく音が欲しい・・・
かといってインテリアに馴染まないラジオは置きたくない。





Tivoli Audio - Model Three - IMG_7516  Photo  N i c o l a
Tivoli Audio - Model Three - IMG_7516 / Photo N i c o l a




YAMAHAのデスクトップオーディオシリーズを買い足そうかと思ったら、TSX-80はラインナップから姿を消しているではあーりませんか・・・
これ、すごく気に入っていたんですけどね・・・



後継的なものYAMAHAからなくはないみたいですが、残念ながらピンくるようなもの、あまり見当たりません・・・
と、いうわけで、気になっていたのがチボリ・オーディオのラジオ。

チボリ・オーディオのラジオについて書かれている、参考になりそうなレビューを書かれているブログさんを中心にまとめてみました。


チボリ・オーディオのラジオについて書かれているサイトまとめ


チボリ・オーディオのラジオってどんなもの?
気になった方がまず目を通しておくとよさそうなショップさんのページから。






http://www.assiston.co.jp/1126
Tivoli Audio "Model One" | AssistOn


Model Oneについて知りたいならまずはこちら。
海外製の電化製品ってどうなっているんだろう・・・
そんな不安もあったりしますが、こちらのページを見れば、わかりやすく解説されています。




朝、コーヒーや紅茶を楽しみながらラジオのニュースに耳を傾けたいとき。夜、ゆっくりとした時間をお気に入りの音楽とともに過ごしたいとき。そんな時にあなたに必要なサウンドシステムは、どういう「カタチ」がよいのでしょうか?

5連装MDプレーヤーを装備した、新機能搭載のコンポ。音楽にあわせて変化するイルミネーション搭載のハイファイマシン?それとも鼓膜を震わせる大迫力の重低音を鳴らしてくれるオーディオ装置でしょうか?

私たちがおすすめしたいのが、この米国Tivoli社の「Model One」。









http://www.scope.ne.jp/tivoli_audio/model_1/
Tivoli Audio (チボリ オーディオ) / Model One Radio



北欧系のものでお馴染みscopeさんのページ。
素敵な写真とテキストでこのラジオが紹介されています。
お勧めは、2014年に発売開始されたBluetooth対応版とのこと。




こういう雰囲気だからこそ
スコープの物との相性は良いわけです。
ヴィンテージも含み、長年使い続けた
家具や道具、それらで埋まる落ち着きある
自分の空間にチボリオーディオがあり、
そこからスタッフおススメの
最新不思議ミュージックが流れてくる。
そんな妙竹林なスコープ的バランスに、
どこか心地良さを感じてしまいます。






ここからはレビュー




http://allabout.co.jp/gm/gc/196943/
チボリ・オーディオ「Model One Radio」の実力 スピーカーの神様が到達した境地



先ほど登場したショップさんAssistOnで、視聴してすぐに購入されたとのこと。
オーディオ機器購入のアドバイスなども交えながらべた褒めしています。


iPodやネットワーク・ウォークマン、iriverなどのデジタルミュージック・プレイヤーやMDウォークマンなどなど、普段使っているヘッドフォン用のプレイヤーを繋いで、室内で再生するスピーカーとして、これ以上のチョイスは無いのではないかと思っています。











http://kazumoto.jp/?p=49
愛着品紹介004-家具のようなオーディオ Tivoli Audio / Model One Radio-



酒井一太さんのBlog Find the meaning of my life.。
気分よく使えるものをと行き着いたのがチボリ・オーディオのラジオだったようです。




この何とも言えないレトロなスタイリング。ハンド・メイドの木製キャビネットの温もり。バスレフ型3インチスピーカーを1発搭載しているだけ(当然モノラ ル)大小2つのダイヤルと、スイッチが1つだけの簡素な作り。でも、ちゃちなステレオスピーカーよりも断然綺麗な音を流してくれます。スピーカー、アン プ、チューナーを1つにまとめただけの妙な主張をしないコンパクトなデザインなので、家の何処でも置けます。 「これだ!」と気に入って即決しました。










http://plaza.rakuten.co.jp/aisuke37/diary/201401050000/
Tivoli Audio チボリ・オーディオ「Model One Radio」、使用の感想




自作ラジオや市販ラジオについて書かれているBlogさん。
アンテナのこと、気になる受信感度について書かれています。




枕元には実は安物ラジオが沢山あるんで、今までは適当に掴んだラジオを聞いていたのですが、このラジオを設置してから、こればっかり聞いていますね。高価だから使わないと損っていう動機もありますが、聞いていて安心、心地よいってところのがやはり大きいですね。










http://mono-review.seesaa.net/article/309600262.html
Tivori Audio Model One モノラルスピーカーとは思えない感動の音との出会い




デザイン重視の家電やステーショナリーのレビューメインのBlogさん。
音質や、使用感、気になる受信感度についても詳しく書かれています。





ラジオとしての機能は、当方が郊外のマンション住まいのため、定評のあるFMラジオのチューナーの能力は全く感じられなかった。仕方なくTV配線から同軸 ケーブルを分配して直接接続したところ、概ね全局受信できるようになったが、音質についてはPCモニターとしてロスレス音源を再生したときほどの感動はな いが、十分納得できる音質だ。AMラジオについては、やや音質は落ちるがこちらはむしろラジオらしい音で、これはこれで良いと思われる。なお、AMラジオ も同じく全く受信できなかったため、3,800円の専用外付けアンテナを購入した。購入してから気づいたのだが、このアンテナは1,000円程度で販売し ているパナソニック製のループアンテナと同等の製品らしいので、こちらを試すべきだったとちょっと後悔している。








http://blog.livedoor.jp/gin_mono/archives/23410088.html
散財Vol.6 Tivoli Audio Model One



電気屋さんでちらっと目に入ってきたModel Oneを試聴した日に購入されたそうです。




この音をあえて言葉で例えるとしたら
温度がある、と言うか。
音がひとつの線だとしたら、その周りにフワっと丸い水玉の様な温度がくっついて流れる。
そんな印象です。











http://chiraurasaij.jugem.jp/?eid=213
音の良いラジオ その2



受信感度が優れているというイメージですが、こちらの方も外付けアンテナを付けて視聴されているようです。
チューニングについて、頻繁に調整をする必要があると書かれていますね・・・
この他、Model 10のレビューも別記事に掲載されています。




ラジオ受信機自体の性能は月並みのような気がするけど、スピーカーの箱と、音のチューニングが良い。特に音声の帯域が豊かに聞こえるよう考えられている。 高域部分は割り切ってカットしてある感じで、FM放送を聴いてもAM放送みたいな音しかしない。要するに、アナウンサーの声がとても良い感じで聞こえる。




チボリ・オーディオを買う時に気をつけたいこと


チボリ・オーディオのラジオは海外製なので、格安なもので並行輸入品を目にすることもあります。
海外製のラジオは、基本的に国内のFM放送は受信できないので、ラジオとしての使用を前提とするなら正規品の購入を。
iPhoneなどを接続して、ネット経由でラジオなどを楽しむ事はできます。
便利になった今、並行輸入品を購入するならBluetooth対応モデルの方が、ストレスなく使えそうです。



気になるモデルはこれ


Tivoli Audio 高級ラジオ Model One BT チェリー/シルバー Bluetooth対応


Tivoli Audio 高級ラジオ Model Three クラシックウォールナット/ベージュ TVJPM3CLA


今回レビューは載せていませんが、Model Oneをベースに時計を組み込んだModel Threeも気になっています。
時計用に単三電池があるというのが気になりますけどね・・・
せっかくなのにちょっとめんどくさそう・・・


番外編 TDK


TDK 2.1ch アクティブスピーカー Xaプレミアムシリーズ Boombox SP-XA6803


ものすごくシンプルな感じでぐっときたのが、TDKのBoombox SP-XA6803。
今回レビューを探してみたのですが、残念ながら詳しく書かれているBlogさんが見当たりませんでした。 かなり大きくて重さ11Kg・・・
公式サイトにも『音の良いスピーカーは重い』ってキッパリ書かれています。

チボリ・オーディオのラジオまとめ

モノラルスピーカーのラジオとしてはかなり高額な部類に入るものですが、シンプルなものを好む方にはぴったりのラジオのようです。
コンパクトで置き場所に困らないというのもいいですよね。
購入されたほとんどの方が、デザインに目が留り、音に惹かれてすぐに購入を決めているようです。

それほど多機能は求めていないし、なにげなくラジオを聴いていることが多い私には、こういったラジオがぴったりかなぁと思いました。

そんな聴き方なので、スピーカーが天井を向いているModel Threeがいいかなぁ・・・と思っていたのですが、どうも時計用に電池がいるっぽいのがちょっと残念。



あと、当たり前のように選局がぴたっときまるわけではないので、アナログな操作感を好意的に受け止めることができるかどうかも重要なポイントになりそうです。
受信感度については、やっぱり環境に左右されるようですので、過度な期待はしない方がいいかもしれないことも忘れずに。

今回いろいろなサイトさんを見ていて、ふだんほとんどテレビを見る事はないので、そのぶんこれぐらいステキなラジオを購入してもいいかなぁーと感じました。
参考にさせていただいたBlogさん、素敵なレビューありがとうございました。


Model Oneを購入してレビューしてみました。

 

Sponsored Link








Comment