そよかぜスタイル

ヴィンテージ食器のお引っ越し 梱包材が届いたので試しにくるんでみた

+ No comment yet
いきなり決まった我が家のお引っ越し。
一括サイトで見積もりをとって、引越社さんに決めました。
そこで、最大の悩みは、我が家のビンテージものをどう引っ越すか?頭が痛かったのですが、梱包は自前で、運搬は引越社さんにお願いすることにしました。





ビンテージもののパイレックス
Pyrex Flameware Tea Pot 6 Cup Delphite Blue




引越社さんの梱包材が手元に届いたので、とりあえずオールドパイレックスいくつかをくるんでみました。
梱包材や、梱包のテスト的なものですね。
練習風景をUPしてみます。

届いたのはこんな感じの梱包材でした



届いた梱包材





こちらが、我が家のビンテージものを見た担当者さんがお勧めしてくれた、ミラーマットという梱包材。
プチプチとはちがって、薄めの素材ですが、たくさん届けていただきました。
これ1枚で完璧という安心感はないかなぁ・・・・



とりあえずフレームウェアからくるんでみる



オールドパイレックス フレームウェア ティーポット





とりあえずパーコレーターなども持っているのですが、こちらはばりばり使用中ですので、まずはティーポットから。
のっけからぷちぷちかい!!っていわれてしまいそうですが、ちょうどよいサイズがありましたので。
ふたはプチプチでくるんで、本体に、ちょうど取っ手が入り込むような形で、このままかぶせて、ミラーマットで全体をくるみます。

次に、ウッドハンドルのダブルボイラー。
同じように蓋はぷちぷちで。




オールドパイレックス ダブルボイラーのふた




そしてふたつ重ねる鍋の部分にミラーマットをいれて重ねます。




オールドパイレックス ダブルボイラー 梱包の様子





少し強引かなぁ〜と思わなくもないですが、こうやって重ねる時に、ぷちぷちより、ミラーマットの方がいい感じに収まるような気がします。




オールドパイレックス 梱包の様子2




そして、下からさらにミラーマットでくるんで・・・・





オールドパイレックス ダブルボイラー 梱包の様子3



もう1枚上からミラーマットでいこうかとおもいましたが、大きめのプチプチでくるんでみました。
フレームウェアをふたつくるんでみた感想では、梱包するサイズ自体が大きくなってしまうので、ぷちぷちとの併用がよさそうだと思いました。
ミラーマットのサイズは、約37.5cm×37.5cmです。


梱包が終わったオールドパイレックス




フレームウェアのパーコレーターはパーツ類が多いので、扱いやすいミラーマットが役立ちそうだと思ったことも付け加えておきます。

各種フレームウェアの記事はこちら
まだまだたくさんあるのですが、お気に召しましたらリンク先からさらに他の記事もごらんください。





お引っ越しまであと2週間・・・
各種手続き思いつくだけでも山ほど・・
こんなことをのんびりしていていいのかしらと不安になってきますが続けます。


マグも包んでみます


コーニング ネイビーウォッチマグ
Corning Navy Handwarmer Watch Mug



さて、そのまま手元にあったマグをつつんでみます。
こちらは、簡単に包めそうな、ネイビーウォッチマグ。
軍人さんが手をあたためられるようにハンドルがないマグです。





コーニング ネイビーウォッチマグ 梱包




さきほどはさすがにサイズ不足かと思いましたが、普通の食器類なら余裕でくるむことができます。
ひとつずつくるんで。



コーニングネイビーウォッチマグ 梱包の様子



さらにふたつのマグを重ねて、マットでくるんでみました。
おさまりもいい感じです〜


梱包はこんな感じでいいかな・・・
もろもろ不安はありましたが、根気よく梱包を続けていこうと思います。
ただ、やっぱり用意していただいた梱包材のみでは心細い。
近くなので、どうしても心配なパーコレーターなどは、自分で運んだ方がいいかなぁ・・・

プチプチ併用で、箱にいれる時には、海外からの梱包を参考にしながら、新聞紙などぎっしりつめる感じにしようと思います。

Sponsored Link