そよかぜスタイル

火の王様をレンジで割ってしまった話

+ 2 comments
耐熱ガラスのビンテージ食器ファイヤーキング。
日本語に直すと火の王様?

なので毎日どこかでチンっ

今日もどこかのお家で、チンっとされていることと思います。



Fire-King RW Dinner Plate




耐熱といっても数十年も前に造られたもの。
過信は禁物。
レンジでヘビーマグを割ってしまったなんて話も聞いたりしていたのですが、ちょっとやそっとじゃ割れないと信じられている、レストランウェアのプレートを割ってしまいました。

こんな使い方は危ないかもですよ〜というわけで、このBlogの読者さんが、お気に入りのファイヤーキングを割ってしまって悲しい気持ちにならないように・・・そんな願いをこめてUPしてみます。

うそっ?ファイヤーキングがレンジで割れてしまいました


今まで使用していて割ってしまった食器類に関しては、ほとんどが落下的な事が原因になっていて、使用中に割ってしまった耐熱ガラスのビンテージものは、オールドパイレックスのフレームウェアのみでした。

この時は、少しおうちゃくな使い方をしてしまって割ってしまいました。
その時の様子は詳しくこちらにUPしています。



今回は、レンジで割ってしまいました。
どんな状況だったのか解説しつつ、考えをまとめたいと思います。


こうやってファイヤーキングを割りました(涙

Fire-King RW Dinner Plate
こんな感じで割れました



冷凍の焼きおにぎりを4つレンジで温めようとして500wで4分強。
3分ほど過ぎたところで、

ぽんっ

と、レンジの中で何かがはじけるような音がしました。
まさかと思って、温めが終わってから取り出してみるとご覧の通りプレートがぱっくりと割れていました。





割れてしまったファイヤーキングのプレート
粉々になる事もなく奇麗に割れています




注意しておきたいこと、対策など考えてみました


割れてしまったファイヤーキング ディナープレート
バックスタンプ




耐熱ガラスの製品(ヴィンテージ、それほど神経質になる事はないと思いますけど現行品も含めて、)を使う時に気をつけたい事は、冷たいものを入れていて急に熱いお湯を注ぐといったような急激な温度変化。
気温が低い冬に、冷めたコーヒーをレンジでチンも危険という人もいます。

このへんについては、よほど神経質になる事はないと思いますが、こんな記事をアップしています。



あとは、部分的な温度差に気をつけること
火にかけていたものを濡れたナフキンの上におく、温めたいものを偏って入れて火にかけるようなことなど、部分的な温度差が生じて割れてしまう事にも気をつけていたいです。

今回は、冷凍の焼きおにぎりを4つプレートにおいてレンジを使っていたので、部分的な温度差が原因になってしまったのかなぁ・・・と思っています。

個数を減らして(時間短縮にもなる)チンするか、どうしても怖ければ、やっぱり冷凍物を温めるというのは避ける方がいいのかもしれませんね・・・

火の王様なのに・・・と、矛盾を感じてしまうかもしれませんが、ちょっとした注意で割る事は防げると思うので、『レンジで割れる事がある・・・』ということを頭の片隅においておいた方が幸せになれそうです。

古いものですから、少しだけいたわる気持ちを持って使っていけるといいですね。

後日、またまた、レストランウェア割れてしまいました・・・



Sponsored Link








2 コメント:

  1. レストランウェアはきれいに割れちゃうんですよね…うちも何枚か、そしてプレートも10・15ozボウルもマグもやったことがあります…マグはホワイトのストレートカップとジェダイのストレートカップを一緒に置いてたらなにかのはずみでごちん!とぶつかって、ジェダイのほうが負けて(割れて)しまいました。
    意外と割れないのがハンドルクラックもののマグで、8年くらい使ってます…誰も買わないから安く手に入るし、運がいいのかなあ。
    ホワイトのディナープレートもまた…レアですよねえ(;´∀`)また良い出会いがありますように!

    返信削除
  2. TamaNIka さん

    RWがレンジで割れるなんて〜と、ちょっとビックリしてしまいましたが、少し無茶な使い方をしてしまったかもしれません^^;

    安心感はありますけど、やっぱり過信は禁物ですね^^;
    冷凍物は、気をつけたいと思います。

    ホワイトのプレート、残りは大切に使いたいと思います^^

    返信削除