そよかぜスタイル

さよなら・・・ファイヤーキング(涙 割れてしまったビンテージ食器類まとめ

+ No comment yet
最近、復刻版などで、なにかと話題のファイヤーキング。

数十年前に製造されていた、耐熱ガラスの食器です。
分厚く、丈夫、コロンとしている・・・などなど、いろいろなイメージがあるかと思います。
そんなファイヤーキングも、やっぱりガラス製。
毎日使っていれば、気をつけていても、当然、割れてしまうこともあります。




欠けてしまったファイヤーキング カスタードカップ
Fire-King Custard Cup




割ってしまったことは、残念なことですが後悔しているだけではなんにもなりません。
気をつけていてもついうっかり・・・なんてことは、避けることはできませんが、こんなこともあるって思っていれば、防ぐヒントになることもあるかと思います。

これから購入を考えている人の参考にしていただけるように、毎日使っていて割れてしまった、アメリカンビンテージを使用感とともにまとめてみました。

ファイヤーキング カスタードカップ ×2

最初の写真の食器が、カスタードカップです。
写真のものは、気がついたらこうなっていました。

もうひとつは、洗い終わって、水切りに伏せようかと思った時に手を滑らせてしまいました(汗
あとで登場するチリボウルも同じパターンで。

かなりつるんとしているので、洗っている最中など注意が必要です。
また買おうと思っています
カスタードカップは、いくつかタイプがあるのですが、私の持っているものは、比較的お手頃。

ちょっとした小鉢、取り皿、仕込みの時などにとても重宝しています。
オークションなどを探すとセットでお得感もあるので、多めに購入してもいいかなーと思っています。

ちなみに、マグを省くと、最も使用頻度が高い食器かもしれません。

関連記事



ターコイズ ディナープレート ×2


丈夫だ!と信じられているファイヤーキングの中で、ちょっとやわいなーと感じるのが、ターコイズのプレート。



ファイヤーキング ターコイズ ディナープレート
Fire-King Turquoise Blue Dinner Plate




1枚は、水切りラックの中で割れていました。
かなりペランとしたプレートです。
人数分あればいいかなー
レストランウェア系のディナープレートと比べると、盛りつけ面積が広くていいなーと思うこのプレート。
カラーも爽やかで、使いやすい食器です。
そのぶん、少し気を遣うかなーと感じる部分もあるので出番は少なめ。
気分を変えたいとき、お客さんが来たときなどに使っています。

ターコイズは、比較的厚みのある、Dマグやチリボウルなどが使いやすいと思います。

関連記事



ワンハンドルキャセロール

食器類を持ち上げて食べる習慣がなさそうなお国柄の食器の中にあって、ハンドル付きのキャセロールは、熱々のものを食べる時にとても重宝します。
こんな感じで使えますね!



ファイヤーキング ワンハンドルキャセロール
Fire-King 1 Handle Casserole




ハンドルがキュートな食器なのですが、ここがいちばん壊れやすい部分になるのかもしれません。

ほんとに、こつんと当ててしまっただけで、ぽろっと、ハンドルがもげてしまいましたー
グラスベイクのこのタイプも、同様の割れ方をするようなので要注意!
かわいいんだけどねー
ハンドルがついているぶん、洗うときも安心感があり、サイズも使いやすいので、いくつかあると便利なことは確かだと思います。
我が家の場合、チリボウルとサイズがかぶっていることもありサブ的な存在。

ハンドル付きなので、子ども達には使いやすい食器だと思います。

関連記事



チリボウル

こちらも、使用頻度が高い食器のチリボウル。
シリアルに、サラダ、おかずの盛りつけに、一日1回は登場する食器です。



ファイヤーキング チリボウル
Fire-King Chili Bowl




カスタードカップと同じように、つるんと手が滑って割ってしまいましたー
洗うときは、下に他の食器類がないところで洗いたいですねー

マグの次ぎにくるもの
とにかくあると便利なチリボウル。
ファイヤーキングを使いたいっ!と思っている人には、とてもお勧めな食器です。

カラーやバリエーションも豊富なので、いろいろ集めたくなってしまいますね。
今は、ホワイト、ターコイズ、アイボリーのチリボウルを使っています。

関連記事



Dハンドルマグ ホワイト ×2

シンプルで使いやすいDハンドルマグ。
とびっきりの特別感はないものの、ファーストマグにはもってこいのモノだと思います。



ファイヤーキング Dハンドルマグ
Fire-King D Handle Mug




マグはふたつとも、高い棚においてあるものを取ろうとして、手を滑らせて割ってしまいました。
目線より高いところの収納は、要注意かも(汗

気になっている人はまずこれ・・・かな
気取らず、普通に使いたい人には、激しくお勧めなマグ。
そのかわりといってはアレですが、分厚い、ぽってりを求めている人はRW系のマグがいいかも。

ファイヤーキングジャパンでも、(コラボマグですが)Dハンドルマグが復活しました。
でも、気軽にどんどん使いたい人には、やっぱりビンテージもの。
とりあえず気になったものを、オークションなどで見てみると楽しめると思います。

関連記事



パイレックス フレームウェア ソースパン 2qt

唯一割ってしまった、パイレックス。
これは、使い方を間違えたためにおこってしまった事故ですー(涙
2回目に使用していて、ぱふっとやってしまいまい、私にとって幻のような存在です。


オールドパイレックス フレームウェア ソースパン
Pyrex Flameware Saucepan



温めようとしていた中身が偏ったまま火にかけてしまい、部分的な空焚き状態が発生して割れました。
おうちゃくてしまったんですよねー反省しています。

もう買わないかなー
フレームウェア類は、パーコレーター×3、ダブルボイラー×2、ソースパン1qt、スキレットなども持っているので、買いなおそうとは思っていません。
大きめなパーコレーターが2つあるので、茹で系の料理は、お鍋の出番がないっ!の。

パーコレーターがひとつあれば、ほとんどのものをゆでゆでできて便利です。

パーツの扱いに不安を感じる人や、コーヒーを飲まないっ!っていうひとは、ティーポットやケトルがいいかも。

ひとつでいく通りもの使い方ができるフレームウェアは、便利で調理の時間に楽しみを+してくれるアイテムです。
フレームウェアは、直火使用が前提なので怖い気もしますけど、使えば使うほど、その素晴らしさに気づくと思います。

調理の進行具合が確認できて、ガラス製品ならではの保温力など、それなりのメリットも感じることができる調理器具だと思います。
急激な温度変化と空焚きに気をつけて下さいね。

関連記事


割ってしまったものをまとめてみて
食器類は、毎日使用するものですから、どうしても割れてしまう可能性があります。

私は、実用品として持っているので、気を遣って窮屈に感じるようなレアなものはなるべく持たないようにしています。

やっぱり、食器は使ってこそ。
そういった意味では、ウッドハンドルのダブルボイラーなどは使いにくくって、ちょっと余計なお買いものをしてしまったかなぁー(汗

大切な食器が割れてしまったときのショックは大きいけれど、くよくよしないですぐに忘れるようにして・・・

コレクションする楽しみも確かにあるのですが、使いそうなものを必要なだけ。
これからも、そんなスタイルでビンテージと付き合っていけたらなぁーと思います。


ちなみに、ほぼファイヤーキングでお食事していますが、どうしても『椀』の代わりになるようなものはないように感じました。
食文化の違いもあるのでしょうけど、『碗』は、それだけ優れた造りをしている食器なのかもしれませんね。

皆さんは、いかがでしょうか?

後日、レンジでプレートを割ってしまいました^^;



Sponsored Link