そよかぜスタイル

投資初心者が楽天銀行を使って外貨積立を始めてみた話

+ No comment yet
楽天銀行管理画面
南アフリカランドによる初回の積立が完了〜


子どもたちの進学(自分たちの老後)が見えてくると、今まで以上に気になってくるのが貯金通帳の残高だったりします。
家計簿を見直しても、日々、少しでも安く食品が買えるお店に足を運んだりしても、入ってくる金額が劇的に増えるわけでもないので、寝る前に考え始めると不安になって眠れなくなってしまう時もあったりします。

節約もとても大事なことですが、わずかな資産を少しでも増やせればそれに越したことはありません。
ぎすぎすと切り詰めてみても、やっぱり節約には限界があるものです。

しかし、私も含め、お金はしっかり働いて得るものと教わってきたであろう大多数の人たちは、投資、運用などを勉強する機会がほとんどなかったのではないでしょうか。



こんな結果もありますが、いざ、何かと思っても、何をどうしたらいいのかさっぱりわかりません。

お金をいかに増やし、少しでも減らないように守っていくためにはどんな方法があるのか、学校で習う授業と同じぐらい学んでおくべきことだと感じました。

だから、(決して大儲けしようなどとは考えていませんが)外貨預金を始めてみました。

外貨預金は高金利に目がいきますが、かなり上手にやらないと預けたお金が減ってしまうものだと感じました。

これから、資産運用をと考えている人の参考になりそうな記事を紹介しながら外貨預金についてわかったことを書いてみます。


金利は高いけれど預けたお金は確実に減る!

今回、楽天銀行を使って、外貨預金を始めてみました。
選んだのは、5.15%と高金利な南アフリカの通貨ランドを一年間積み立てていくというもの。
投資、運用などということは今まで全く考えたこともありません。
リスクが高い通貨ではあるものの、金利と手軽さ、夢があってわかりやすいのでこういう選択になりました。

極端な話、眠っているか、知らない間になくなってしまうお金なので0にならなければよいのです。

外貨預金を始める手続きはとても簡単。
ネットで全て完結。
さて、これで一年預けておけば、5.15%の金利か・・・ぐふふふ。

為替の変動があるにしても、預けておくだけで夢のような数字です。
しかし、外貨預金には、為替手数料がかかります。
この手数料だけでも1ランドあたり30銭。
円からランド、ランドから円にして1ランドあたり合計60銭です。
この記事を書いている時点で1ランドあたり9円ぐらいですから・・・ざっくり6%程度が為替手数料、さらに税金もかかってくるのです。
計算ができる賢い人ならすぐにわかりますが、金利で資産を増やすということは今回の場合無理でしょう。
特に、今回のように1通貨あたりが極端に安い場合は、それだけ手数料を高く支払うことになるので注意が必要。
ざっくりですが、ランドだと9円に対して30銭、米ドルだと100円に対して25銭の手数料なのです。

外貨預金というと、預金という馴染みのある言葉のせいでうまく回せそうなイメージを持ってしまいますが、為替の変動がうまい具合に働かないと目減りしてしまいます。

ランドで積立た瞬間、手数料分ですでにマイナスです。
一回の積立で終わらずに(今回の場合1年)、継続させてじっくり育てていかなければなりません。

外貨預金とは、銀行が預けた人から手数料をもらうための商品とあちこちの記事で見ましたが、ようやく意味を理解することができました。
投資としては、かなりリスクが高いものになります。

外貨預金してよかったこと

自分のお金をどのように運用していけばいいか真面目に考える機会になった。
これに尽きます。

はじめに外貨預金を選択したのは、
  • お小遣いで始められる
  • 0にはならない
  • 勉強のため

こんなところです。
預けたランドが紙切れになる可能性も0ではないでしょうが、万が一そのようなことになっても総額6万円程度です。
増やすための投資としては魅力が乏しいですが、自分のお金を使ったことで、お金をいかに増やしていくかを考えるいい機会になりました。

海外に行く機会がある場合や、日本円だけを持つリスクについても書かれていたりしますが、海外に行くこともほとんどありませんし、円が紙切れ同然になってしまっては、外貨を多少持っていたところで生活はすぐに行き詰まってしまう気がします。

何をしたら良いかわからないところから、わずかなお金で勉強になるというのが何よりのメリットです。

さて、外貨預金のメリットは、あちこちの記事に書かれています。

1円も使いたくないという方は、無理に投資などを考える必要はありませんが、本を読んだり、ネットで調べたりしてなかなか行動に移せない方は、外貨預金に限らず気になったものにほんのわずかでも投資してみるということが、お金を増やすための一番の近道になるはずです。

外貨預金について書かれている記事


外貨預金を始めるにあたって読んだ記事の中で、わかりやすかったものをこちらで紹介しておきます。



外貨預金であることのメリットは、
為替が思ったとおりにいかなかった場合に、
口座の中にとりあえず入れっぱなしにできるってことです。


元銀行員の子持ち主婦スミさんが、わかりやすく外貨預金について書いています。
他にも参考になる記事があります。
かたくなく、読みやすいのがいいです。





10年前、1ドル=116円台のときに10万円をドルに替えて外貨預金を始めました。
今日(2017/1/9)のレートは117円台、これに10年間で付いた金利を足して900円ほどプラスになっています。


10年間、10万円をドルに替えていた方の話。
過度な期待はできないですね^^;






今回の入金は、今年1月に組んだ6ヶ月定期預金の元本と利息分。
現時点の為替レートで換算すると約22万円の預入額で5千円程が利息として得られた。

こちらは南アフリカランドを外貨預金。
預けたランドをそのまま決済に利用する方法なども紹介されています。






外国為替は片方が上がればもう片方は同じ分だけ下がるので、理論上、誰かが儲かるとき、誰かが損します。
これは投資と言うよりはギャンブルに似た性質です。

この為替リスクは全て購入者が負担しますが、金利は銀行と購入者で分け合うことになります。

銀行側からすれば、ノーリスク・ハイリターン。夢のような商品ではないでしょうか。


現在、外貨預金に対する評価は概ねこのような感じです。
外貨預金をするぐらいならFX・・・
今回は割愛しておきますが、同じ外貨を使ってお金を増やすなら、考えようによってはFXの方がリスクが少ないかもしれません。
危険度が高そうなFXも、ある程度安全に運用できる方法もいろいろなところで紹介されています。




しっかり計算してみれば外貨預金のデメリットは、預ける前からじゅうぶん理解できますよねっていう記事ふたつ。








つまり、必要以上に円安にならないと絶対に赤字になりますので、要注意です。また、為替手数料は通貨によって様々です。ざっくりとした傾向ですが、金利が安いと為替手数料の比率も安く、逆に金利が高いと為替手数料も高くなります。


ニュージーランドドルで外貨預金。
3ヶ月で6,000円、年利に換算すると6.8%の利益になったそうです。
高金利に目がいきますが、マイナススタート覚悟、手数料が高いのがネックになると書かれていますね。






投資の基本はあくまでも「安い時(円高時)に買って、高い時(円安時)に売ること。」買い時かどうかの判断をせずに自動的に継続購入する自動積立よりも、まずは日本円で貯蓄をしながら投資の勉強と相場の動向チェックを続け、余裕資金がある程度貯まり購入単価が安くなった時(円高時)に買うという手法をオススメします。


外貨預金を考えている人は、やってはいけないことを頭に入れておきましょう。
ちなみに、今回始めたのは積立なのでやってはいけないドルコスト平均法ですね^^;



また、様々な記事の中にキャンペーンには注意と書かれていましたが、長く続けて行く場合、そういった機会をうまく活用するとスタート時の−が抑えられる効果も期待できます。




MMFという、極めて安全性の高い金融商品があります。 株式や投資信託などは値が動きすぎて怖い、という方にオススメの金融商品です。



預金とは違いますが、外貨を使ったMMFというのもありです。
税制が変わりメリットがなくなってしまったMMFですが、売却のタイミングに自由がききます。
大きく増やすものでもありませんが、少額からでもできるので、初心者の入り口として選択肢の一つにしても良いはずです。




この他、『外貨預金 シミュレーター』と検索すると、細かい計算をしてくれる便利なページが多数出てきます。
計算が苦手という人は、事前にチェックしてからどの外貨をどれぐらいの期間、金額を預け入れるか調べておきましょう。

外貨積立を続けながら勉強してみる
外貨預金は、お金を増やそうと考え始めた初心者にとって、身近な反面、簡単に増やせるものではないとわかりました。
高金利をアピールしているので確実にお金が増えそうですが、実際は、焦らずじっくり継続して安い時に購入して高い時に売るという考え方と時間が必要です。
そのためにも、興味を持ったら一日でも早く始めることが大切だと感じました。

なぜなら、1年で5%増やせたとして、100万円でも+5万円にしかなりません。
この金額でもないよりはましですが、1年また1年とスタートが遅れるだけで、資産を増やす機会が自然に失われて行くのです。


そういった面で、わずかな金額で、楽しみが増えたこと、興味を持って真剣に経験を積む機会が得られたことが、初めて外貨積立を開始して一番のメリットだったと感じました。

さて、増やすということも大事ですが、コツコツと節約はしていますか?
新しい電力会社に切り替えるだけで、毎日使う電気代が年間数千円も安くすることができます。
リスクは全くなく、確実に電気代が安くなります。

切り替えは、ネット経由で申し込むだけ。
投資と同じく、1日でも早く始めるとそれだけ節約につながりますよ。










コメントを投稿