そよかぜスタイル

大満足!リサイクルショップで日立の洗濯機を買った結果

+ No comment yet
壊れたシャープの洗濯機



生活に欠かせない家電のひとつ洗濯機。
7年使用していた洗濯機の調子が悪くなってきたので、早めに買い換えることにしました。

使用していたのは、シャープの容量7kgの洗濯機。
4人家族の我が家では、子供も成長し、容量的にも不足を感じていたので探すのは容量10kgのもの。

しかし、長男は大学、次男は中学へそれぞれ進学するので、今年はできるだけ出費を抑えたい。
と、いうことで、リサイクルショップに行って中古の洗濯機を購入しました。
結果、すぐに使えて大満足。

洗濯機の購入費用を抑えたい、一時的に出費を抑えたいと考えている人に向けて、参考になりそうなページを紹介しながら、購入の様子を記事にしてみます。


洗濯機を買い換えた理由

壊れたシャープの洗濯機



年が明けて運転中に洗濯機がしょっちゅうとまってしまうようになりました。
とても嫌な予感。

前回、洗濯機を買い換えたのは7年前。
その時は、14年使い続けた日立の洗濯機が完全に動かなくなってしまったので、近所の電気店で安売りしていたシャープ製のものを購入しました。

コインランドリーがすぐ近くにない我が家。
この時は、運よく当日納品してもらえましたが、1〜2日洗濯機がないだけでかなり不便な生活を強いられるのは想像に難しくありません。

今回、修理という選択もなくはないですが、このシャープの洗濯機、7年間の使用で2回も修理しています。
長期保証も切れてしまっているので、容量の大きなものに買い替えを検討することになりました。

前回は、完全に故障してからの買い替えになり、一番近くのお店で、一番安くて、すぐに納品してもらえる物という選択でシャープになりました。

当日納品してもらえたのはよかったですが、機能面で比較検討もできなかったので、この時のことを教訓に、洗濯機がなんとか動いているうちから探し始めました。

中古の洗濯機を購入した理由

早速、近所の量販店に行き8kg以上の洗濯機を探しました。
使っている洗濯機と同じ7kgまではそこそこの価格で買えるのですが、8kg以上の洗濯機となると、おおよそ容量1kg増えるごとに1万円高くなるといった感じ。

最安値で売られているメーカーは、アクア、シャープ・・・
今まで日立とシャープしか使っていませんでしたが、ノントラブルで14年使えた日立に対して、シャープは5年の長期保証期間中に2度も修理を経験しています。
お手頃感はあるけれど、そんな理由からシャープは避けたい。
パナソニック、東芝、日立は、ちょっとお高め。
どうせお高めなら、個人的に信頼感のある日立を選びたい。
そうなると、10kgでは10万円を超えてしまい、出費を極力控えたい今の我が家にはかなりの贅沢品になってしまいます。

8kgや9kgでも、やっぱり最安値は、アクアかシャープ。
できるだけ容量に余裕をもたせたいのでやっぱり10kgが欲しい。
容量ギリギリで運転するよりも、大きな容量のもので余裕を持たせて運転させた方が洗濯機にも優しいだろうと考えたからです。

格安になるとは考えていませんでしたが、一時的に出費を控えたいならリサイクルショップでの購入するというのも有効な方法かと考えました。

中古の洗濯機について参考になりそうなページ

大きな出費を先延ばしにしたいという考えでリサイクルショップでの購入を視野に入れましたが、白物家電の中古は購入したことがありません。

家電に限らず、中古の購入には多少のデメリットもありますし、新品でも値引き交渉などをすればかなり安く買える場合もあります。

結果的に、諸々のデメリットを考えたら、新品を購入しておいた方が安かったなんてこともじゅうぶんあり得ます。
実際に中古の洗濯機を購入した人のブログ記事を探しましたが、ありそうであまり出てきませんでした。

中古も含めて洗濯機選びに役立ちそうなページをまとめておきます。

容量10kgの格安洗濯機


もっと調べておけばよかった・・・
シンプル、大容量で選ぶなら、東芝のこのモデル。
これ、2軒量販店を回ったのですが、店頭に並んでいなかったのです(汗
洗濯時間や節水面で見劣りしますが、安価で見た目もおしゃれ。
ちょっと悔しいですね。
様々な情報が満載なので、家電製品が気になったら、こちらをのぞいておくことをお勧めします。



中古洗濯機否定派




たとえ1万円で洗濯機を買ったとしても、半年で壊れてしまえばその1万円が無駄になってしまいます。試しに、新品の洗濯機を3万円で購入した場合のコストと比較してみましょう。

ですね。
新品を購入するのが一番良いかもしれません(汗
このページでは、中古と新品の一ヶ月あたりのコストを算出しています。




リサイクルショップの雇われ店長さんのブログ。
不潔だ不安があるから買うなとのこと。
末尾では、ハイアールの洗濯機をお勧めしています。

おそらく、人が使っている洗濯機だけが汚れているわけでなく、自分が使っている洗濯機もそれなりに汚れているはずです。
他人が使っているというのが気になる方は、やっぱりリサイクルショップの利用は難しいですね。




洗濯機を安く買いたい


こんなに値切れるものなんですね。
値切り方についてあれこれ書かれています。




ヤマダ電機って、アウトレットやリユース(中古)も販売しているのです。
こちらの方は、リユースではなく、アウトレットの商品を購入。
実は、ヤマダのリユース洗濯機を買う寸前までいってやめました。
詳細は、後述します。




こちらは、元リサイクルショップの店員さんが書いているブログ。
タイトル通りわかりやすく書かれています。
ちなみに、今回は、年式とメーカー、容量だけ見て購入しました(汗




ヤマダでリユースの洗濯機を買わなかった理由

今回、ヤマダ電機のリユースで、日立の10kgを購入しそうになりましたがやめました。
目当ての洗濯機を見つけた時には、すでに帰宅の時間が迫っていました。

あぁ買いたい。今すぐ買いたい!!
店員さんにお金払うから取り置きできないか尋ねたところ、取り置きはしませんの一点張り。
「今すぐ買います。もう時間がないので、お金払いますが取り置きできないですか?」
店員さん「できません。手続きを全て済ませていただかないとダメです」
「今すぐ全額払いますよ・・・手続きは明日とか夜とか無理ですか?」
店員さん「ダメですね」
「??全額今払いますけど??購入するのと何が違うので・・・」
店員さん「手続きを済ませていただかないとダメですね。」
店員さん「30分程度はかかりますね。手続きがありますから」
「・・・・」

電気屋さんの中古ということで安心感はありますが、このような理由で購入はしませんでした。

2年保証は魅力的に感じられましたが、あくまでも修理はせず、在庫の中から同等のものと交換というニュアンスの保証でした。
店員さん曰く「10kgを購入していても、故障時に10kgをストックしていなかったら、ほにゃららら・・・」と、なんとも歯切れの悪い感じでした。

点検、整備も、メーカーの部品を必要とする整備は行っておらず、お湯取り機能については保証対象外、動作未確認

2年間、洗濯機に困る心配はなくなりそうですが、故障時に、使いたくもない洗濯機と交換されても微妙な感じ。

シャープは、ホースに汲み取りのモーターが付いているので、ホースを買い換えるだけで済みますが、他のメーカーはほとんど本体にお湯取り機能が付いていますので、ここが故障していた場合、修理費用15,000円〜は必要になってきます。

ヤマダのリユースは、ストックも豊富で魅力的な反面、以下の理由で見送りました。
  • 保証は修理対応ではない
  • 純正部品を必要とする整備はしていない


中古の洗濯機を購入した方の記事

探してみると、中古の洗濯機を購入したよという記事を書いている方は本当に少なかったです。

高機能の中古洗濯機を購入して満足されている様子が書かれています。




こちらは、一人暮らし用に、中古の洗濯機を購入した方のブログ。




中古の洗濯機のお掃除ネタ。
中古でも5年も使用できているなんて、勇気がもらえますね!




なんだか中古洗濯機を買うのも悪くないのかも・・・



近所のリサイクルショップで購入した

リサイクルショップで見つけた日立の洗濯機



ヤマダ電機でリユースを諦めましたが、近所の品揃えのいいリサイクルショップで、4年落ちの日立の10kgを見つけました。
付属品も揃っています。
見た感じもよく、全幅もスリムで間口の狭い我が家でも搬入に問題なし。

価格は3,7000円。
送料、2,000円、引き取り料4,000円。
ちなみに引き取り料金は、ヤマダ電機の新品購入時と変わらない金額でした。

リサイクルショップで、運搬、設置、引き取り(家電リサイクル法に則った処分)を請け負ってくれるなんて!!
外観に僅かな汚れがありましたが、かなり綺麗な雰囲気。
クリーニング、動作確認済み、1ヶ月の保証付。

即決しました。

中古は損?得?新品とコストを比較

新品を購入しても、中古を購入しても引き取り料金は発生致しますので、本体価格のみでざっくり計算してみます。

新品は、価格交渉前で、ざっくり10万円程度で売られていました。(日立は10万円超えていました)
平均寿命は、一説では10年といわれています。

100,000(洗濯機の代金)÷10(10年)÷12(12ヶ月)=833.....(一ヶ月あたりのコスト)

10年使用したとして、一ヶ月あたり約833円。

今回購入した、日立の中古品37,000円。

37,000÷6÷12=513.....

洗濯機の寿命10年まではあと6年あります。
6年間、ノントラブルで使用できたとして、一ヶ月あたり513円。
4年間で壊れても770円
3年で壊れたら1027円で、新品と中古のコストが逆転します。

節電、節水など機能的な面や、中古ならではのデメリットを考えると、どの辺りを落としどころにするか難しい部分もありますが、単純に洗濯機の代金だけのコストを考えるとこのようになります。

もう少し中古が安ければいいのですが、新品の最安値商品の半額ぐらいでした。
日立は人気があるので、すぐに売れてしまうとリサイクルショップの店員さんはおっしゃっていました。

激安というわけにもいきませんが、リスクを伴うぶん、多少購入費用も抑えられている感じです。
『今年の出費は抑えたい』というのが、リサイクルショップを利用した最大の理由ですから、目的は達成されたといっても問題はありません。
今後4年間、故障なく動いた場合になりますが。

中古で節約を考えるといいのはこんな場合


中古は多少のリスクはありますが、節約につながる可能性も高いです。
中古を検討するといいのはこんな時です。
  • 単身など期間限定の時
  • リサイクルショップを覗いている人
  • 引き取りの心配をしなくていい
  • とにかく購入費用を抑えたい

単身など期間が限られている時は、中古を・・・
買いやすい状態ではありますが、そもそも購入費用も安いので、どれぐらいの節約に繋がるかざっくりとした計算は済ませておきたいところ。
レンタルサービスなどもしっかり比較して、それでも節約に繋がるか検討しましょう。

洗濯機が故障してすぐに買い替えたい場合、目当てのお店に行ってサクッと購入できればいいですが、普段リサイクルショップに馴染みがない人にはあまりお勧めしません。
条件の良いショップを探してあちこち回るだけでも時間やお金を消費します。とても疲れます。
普段からリサイクルショップをチェックしているような人は、心当たりのお店をロスなく比較検討できるはずです。

引き取り、処分は、自分で持ち込めば節約に繋がりますが、重たいものを持ち上げて運び込む手間を考えると、それほど節約効果は高くありません。
中古で買い替えする時は、引き取りをお任せできることが必須です。
腰を痛めてしまったりして、整体や鍼などに通うことになったら、節約どころではありません(汗

一時的な出費を抑えたい。
そういう場合には、中古を検討する価値がじゅうぶんあると感じます。
注意したいのは、劇的に安くなると期待しすぎないこと。
そこそこの年式のものを買おうとすると、せいぜい新品の半額程度。
何年使用できるかなど、不確定な部分がありますから簡単な計算は済ませてから決めましょう。

洗濯槽をクリーニングした

洗濯槽を洗浄した



洗濯槽を洗浄した



クリーニング済みということでしたが、念のため、洗濯槽のクリーニングをしました。


洗濯槽を洗浄した



汚れは見られず、謳い文句通り。

洗浄液は、ドラッグストアで購入したものを使いました。

本格的にクリーニングしたい方は、メーカー純正の洗浄液を。
かなり強力な効き目のようです。



洗濯機をリサイクルショップで買ってよかった

中古で購入した日立の洗濯機



今回、購入を決めた日に、洗濯機が限界を迎えました。
中古で購入した洗濯機の設置と引き取りは翌日に完了。
デメリットが気になって購入をためらいましたが、最低でも4年使用できれば合格です。

こればっかりは、時間が経たないとわかりませんが、今のところ洗濯機の買い替えにリサイクルショップを使ってよかったということになります。

今回、中古でも、運搬、設置、引き取りも可能、ヤマダ電機でもリユースの取り扱いがあるというのがわかりました。

中古は、費用が抑えられる反面、リスクが伴います。

少しでも予定外の出費を抑えたい。
そう考えるなら、運搬〜引き取りまでショップで面倒を見てくれるところで購入すること。

何よりも重要なポイントは、洗濯機の買い替えは、新品、中古どちらを選ぶにしても、使用している洗濯機が動かなくなる前に早めに検討しておくこと。

十分に比較検討できたとはいい難いですが、あと1日洗濯機の買い替えを考えるのが遅れていたら、不便な思いをしたはずですし、ゆっくり探す時間も取れなかったはずですから。


Sponsored Link




コメントを投稿