そよかぜスタイル

ブログの過去記事を見直しして感じたこと

+ No comment yet
https://flic.kr/p/rCsjDm
Blog / Photo GotCredit



2012年の5月に開設したこのブログも、おかげさまで丸3年経過しました。
今まで、だいたい週1~2回更新してきましたが、ここ最近、更新頻度がぐっと落ちています。

理由は、今まで更新してきた記事の修正などに時間を使っていたからです。

まだまだぜんぜんなBlogですが、過去記事を手直しをしながら、『加筆、修正は絶対にした方がいい』と感じました。

ふだん記事をアップする時に気をつけていること、過去記事の整理方法や修正をしながら感じたことなどについて書いてみたいと思います。


このブログそよかぜスタイルの今

週末を中心に記事を更新してきたそよかぜスタイル。
まずは、発表するには少なくて恥ずかしいですが、このBlogのアクセスから。

独自ドメインを使用して運営していますが、使用しているブログシステムはBloggerです。
BloggerからWordPressへ移行する人は多いと思いますが、このBlogはその逆で、WordPressからBloggerへ移ってきました。

理由は

WordPressは楽しいけれど、崩壊したら手におえない


だから、管理にあてる時間を記事更新に使うことにしました。

旧ブログはそのまま残して、新ブログとして更新を続けていますが、Bloggerだから、WordPressだからアクセスがどうのということは、このBlogに限ってはありません。

アクセス数だけ見ていると、1日1000PV超えるようになったものBloggerに移ってからですし、更新頻度は落ちているものの、旧ブログの7倍ほどアクセスをいただいています(見にきて下さっているみなさんありがとうございます〜)。

それほどシビアにならなくていい(この程度の規模)なら、Blogのシステムはあまり関係ないということだと思います。


過去記事を修正して感じたこと

Blogをはじめた当初は、ブログとは更新頻度が大切そんな風に思い込む事もありました。
今回、過去記事を修正していて感じた事は、更新頻度を気にして中身のない記事をアップするぐらいなら、しっかりひとつの記事を作り込んでアップした方がいいということ。

Blogは、お昼ご飯やお出かけ先の事を気軽にアップできるのがいいところだし、それが楽しいところだと思います。

いろいろな書き方があるかと思いますが、せっかく更新するのだから、できる限り記事の内容は納得のいくようにしたい。
具体的には、私や相方が興味のあること、家族のために調べたこと、購入したものについて、記事を読んでもらった人に少しでも役立ててもらえる記事を書きたいという方向です。

公開を前提にBlogを書いているのだから、たくさんの人に見てもらえる方が絶対に嬉しいし、読んでよかったと思ってもらえた方が嬉しいです。

実際に実施した過去記事の見直し
過去記事見直しの効果は、ネットで調べればいくらでも確認できます。

難しい(専門的な)Blogさんが多いのですが、こちらの記事にはわかりやすく(読みやすく)要点がまとめられています。



書き初めの頃は、文章を書くのもうまくありませんし、情報が古くなっていて使い物にならなくなっているものもあります。
更新を続ければ続けるほど、過去の記事とは考え方も、ものの見方も変わってきている場合もあります。

アップしたばかりの記事より、過去記事の方がアクセスを集めている場合がほとんどですが、そんな過去記事を古いままにしておくのはもったいない!

せっかく記事にたどり着いてもらったのだから、できるだけちゃんとした記事を読んでいただきたいですよね。


過去記事の修正はWordPressで更新していた旧Blogを中心に実施しました。

  • 内容のない記事は削除
  • 似たような記事はひとつにまとめる
  • 新しく書き直した記事がある場合は古いものを削除
  • 記事タイトルの変更
  • タグを正しく使う

主にこの5つを実施して、563あった記事数は315になりました(ほんとに過去記事はひどかった。見にきてくれていた人すいません・・・(汗 )。

私が過去記事の見直しを真剣にしようと思った理由
このBlogでは、たくさんの参考記事を紹介しています。
記事を書くために調べるということもありますが、ほとんどが、必要になことを検索して調べています。

アップする記事によっては、暇にまかせて検索結果すべてに目を通すこともあるのですが、なかなか思ったような検索結果にたどり着けません。

タイトルと中身が全然違っていたり、商品名だけ羅列された記事、『続きはまた別の記事に』『あるページを参考にした』と書いているのにそこにリンクが貼られていない記事。

困っている時に、検索してたどり着いた記事がこんな結果ばかりだとうんざりしてしまいます・・・

あれ?自分のBlogってやばくない?

そう思って過去記事を読み返したら・・・
前々から、過去記事はなんとかしたいと思っていたのですが、いそいそと過去記事の整理に時間を費やしてみました。


アクセスアップのためにSEOという言葉を目にします。

SEOについて書かれているページを眺めて見ると専門的な難しい話が中心ですが、単純に、自分が調べる立場で検索して『せっかくたどり着いたページなのにこれ嫌だなぁ』と感じる部分がブログにあれば修正する。
まずは、こんなところからはじめればいいのではないでしょうか。
たいして閲覧数もないのにごめんなさい(汗

過去記事の整理もBloggerなら便利

https://flic.kr/p/6GXoZ5
blog_metrics / Photo Rosaura Ochoa



過去記事の見直しをして、複数の記事をひとつにまとめる作業も進めていますが、まとめた先の記事はいいけれど、まとめた方の古い記事はどうすればいいの?となってしまうと思います。

こちらの記事の、『なくなったページの対処方法』の見出しの下にどうすればいいのか書かれています。



例えばAという記事に、Bの記事をまとめた場合。
Bの記事にたどり着いた人には、ちゃんとしたAという記事に誘導できると親切です。

いろいろな方法があるのですが、301リダイレクトという方法が推奨されています。
なかなか実現するのが難しいのですがBloggerなら簡単です。

ダッシュボードから、画面左の設定をクリック、そして検索設定をクリック。
すると、エラーとリダイレクトという項目が出てくるので、青い文字の編集をクリック。



Bloggerダッシュボード カスタムリダイレクト
Bloggerダッシュボード カスタムリダイレクト



新しいリダイレクトをクリックすると、このような入力画面が表示されます。



カスタムリダイレクト設定画面
カスタムリダイレクト設定画面



この場合だと、Bという記事のURLをリダイレクト元に。
リダイレクト先にAのURLを記入して、永続的にチェックをいれて保存します。

このそよかぜスタイルの記事を一例にすると、ジェルデに使えるLED電球についていくつか記事を書いています。

旧ブログ時代からジェルデに使えるLED電球はないかと探して、その結果を記事にしているのですが、便利なLED電球が普及した今となっては、見つからなかったという記事や、変換ソケット中心の記事はそれほど役に立ちません。

だから、古い記事の必要な部分を新しい方の記事に書き加えて、そしてリダイレクト。

リダイレクト元に /2013/05/led.html
リダイレクト先に /2014/05/led.html

お暇があれば、リダイレクト元のリンクをクリックしてお試しください。
新しい記事にリダイレクト(転送)されています。


これで、おしまい。
すごいぞBlogger!!

実は、.htacseseでリダイレクトしようとしていたのですが、独自ドメインでBloggerを運用しているこのBlogではできませんでした。
これで半日ほどハマって、途方に暮れてしまったことを書き加えておきます。

この他、記事ごとに検索結果にのせないようにする方法もBloggerに用意されています。



これも便利。
似たような記事が大量にできてしまった場合や、記事を非公開にしたくない場合に使うといいですよ。

WordPressなら細かい設定もしやすいですが、Bloggerでもそれなりに作り込むことができます。テクいです。

最後のタグを正しく使うとは、本文中の見出しにhタグを一切使っていませんでした。
本来なら、Blogタイトルをh1、記事タイトルh1かh2、本文中の見出しh3〜4というように、文字の重要度を伝えるためのタグです。
今までもあまり影響はなかったと感じていますが、変更後も特に変化があったとは感じていません。

特に変更する必要性も感じていなかったのですが、アクセスをあげるためというよりは、中身をできるだけ正しく検索エンジンに伝えておくために。
そんな感じで変更することにしました。


これから
今までと大きな方向転換はありませんが、気になって調べたことなど、あとから自分で見ても参考にできるように更新を続けていきたいです。

ちょこちょこ相方の助けを借りて運営してきたこのBlog。
記事中にも、時折書くようにしていましたが、誰がという境界線も曖昧な気がしてきました。
役割分担などはっきり決めていませんが、今後、2人態勢で運営してみようと思います。
よりいっそう充実した内容を心がけて更新を続けていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

Blogするなら過去記事の見直しもまた楽し
前々から気になっていた、過去記事の質。
当時はそれでよかったものも、時間が経つととんでもなく恥ずかしいことや間違っていることもあったりします。
地道な作業ではありますが、納得できないものをそのまま公開しておくより、気持ちもスッキリするはずです。

なにより、過去と向き合うことも大切なこと。

そんな機会があるのもBlogを続けているからこそ経験できることです。

いろいろと気づくことがあって楽しい発見もあるはずですよ。
Sponsored Link