そよかぜスタイル

ソファにぴったりなフロアランプが欲しい人のためのまとめ

+ No comment yet
心地よい空間作りには欠かせない存在の照明。
天井のランプ一灯だけでは、どうしてもリビングのコーナーなどはどうしても暗くなりがち。
そこで、フロアランプやウォールランプで補うことを考えるのだと思いますが、ランプは存在感が大きなアイテム。
インテリアに興味のある人なら、実用性やデザイン、質感などもしっかり選びたくなるのではないでしょうか。




Foscarini Twiggy Floor Lamp Photo Wicker Paradise / https://flic.kr/p/f68xo5




ソファーに座って読書をしたいので、購入したいランプは絞れているものの、カラーやサイズが気になって、いろいろと調べてみました。
フロアランプの選び方について参考になるサイトさんや、気になっているフロアランプを紹介してみます。



ランプのコーディネイト リビング編


じっくり時間をかけてソファを購入したので、お部屋のイメージを大きく左右しそうなランプもしっかり選びたい。
購入の候補に挙がっているのは、ジェルデのフロアランプ、GRAS Lampですが、まずはどのようなコーディネイトをすれば良いのか調べてみます。



現在の住宅事情を考えると、リビングにはベースランプとしてダウンライトが埋め込まれており、そこに照明を取り付ける引っ掛けシーリングがついています。

今は照明の性能も向上しておりますので、ダウンライトだけでも十分明るいですし、シーリングライトをつけたりなんかしたら、明るさという観点では十分すぎるほど明るいわけです。

そのような中で「フロアランプ」を設置する理由ってなんでしょうか!?

これは、私個人の見解ですが、やっぱり「雰囲気づくり」ということが一番大きいのでないかと思っています。
部屋のコーナーやソファの脇において、天井、壁面を照らすことで間接照明として機能させ、柔らかく、オトナな空間をつくりあげてくれる。そんな雰囲気作りの役割を持つ、最たるアイテムこそ「フロアランプ」ではないかと。


インポートファッション、インテリアについて書かれているBlog。
フロアランプについての考察と、お気に入りのランプが紹介されています。









プロのアドバイスの中で、

●間接照明は女性の特に肌をきれいに、家具を高級にみせる。

●部屋の雰囲気が格段によくなる。

●鏡や額、窓ガラスに映り込むように配置をすると、
照明がいくつもあるようにみえ、効果的。

●照明は、頻繁に買い替えるものでなく長く使う、
引っ越ししても移動できる。

など など。

インテリアでは意外と見落とされがちですが、

照明に重点を置くと、夜のインテリアも楽しむことができます。


間接照明の効果などについて書かれています。
お部屋には、国内未入荷のJielde SIGNAL ZIG ZAG他、数種類のランプが登場しています。
ちなみに、このZIGZAG、海外からの購入を検討しているのですが、この記事にいろいろと大変だったと書かれています。
海外からだと、送料などもろもろを含めた購入価格(プラグも交換しなければいけないし)は、ほとんど変わらないぐらいになってくると思いますが、アームがカーブしたタイプやカラーバリエーションも豊富なので、とても気になります・・・





Serge Mouille IDEE



お部屋の写真_I邸(茨城県) - IDEE SHOP Online



スペースを有効に使えそうなウォールランプも選択肢のひとつだと思いますが、電源の配線が問題になると思います。
そんなウォールランプも、配線の処理がしっかりできて、天井がそれなりに高いスペースにはこのようなウォールランプがぴったりですね。
この他、IDEEのサイト内には、素敵なお部屋の写真がたくさん掲載されているので、ランプ選びのイメージも掴みやすいかと思います。




こちらのBlogでは、スタンドランプ『LAMPADAIRE 1 LUMIERE』が紹介されています。
高さは170cm。
インテリアのカテゴリで素敵なアイテムが紹介されています。






Anglepoise

マーガレットハウエルが愛用していたことで知られるアングルポイズ。
もともとフロア用として販売されているものもありますが、デスクランプにスタンドを取り付けるとフロアランプになります。
国内で販売されているものは、キャスター付きのジャイアント、Type75(ポール高さ85cmアーム24.3+23.6)、Type1227(ポール高さ91アーム31 + 33cm)がベースになっています。



フロアランプを購入しました!~ANGLEPOISE・Type75 - ライフスタイルをデザインする建築家の・・・ライフスタイル



こちらのBlogではType75を購入。


AJのフロアランプも検討していたんですがり首振りの範囲が限られるので全体的に暗めの我が家にはちょっと合わないかなぁというところもあり、このANGLEPOISEのType75というフロアランプにしたのです。






寝室の白いラグ…パペリナ・パペリーナ white metallic - ラグ選び




こちらも同じくアングルポイズのType75。
ランプの記事ではないですが、アルテックのテーブルにランプの組み合わせ。
全体の様子がよくわかる写真があるとイメージしやすいですね。
ソファ用にも、これぐらい高さがあると余裕がありそうです。





Type 75 Maxi Floor Lamp / Anglepoise
Type 75 Maxi Floor Lamp / Anglepoise



こちらは、本国アングルポイズのサイトにあるフロアランプ。
国内未入荷のType 75 Maxi Floor Lamp。
カタログスペックを見ると、一番伸ばした高さが236cm。
この他、本国のサイトにはたくさんの納入事例の写真が掲載されているので、ランプの使い方の参考になりそう。

2017年現在、楽天市場、Yahoo!ショッピングで現行品のアングルポイズの販売が開始されています!





Jielde

ジェルデは、大きくわけてLOFT(アーム長さ40+120cm)とこぶりなSIGNAL(アームの長さ33cm+88cm)、2種類のフロアランプが用意されています。
デスクランプにそれぞれ使っていますが、サイズも価格も大きく変わってきます。
国内で購入の場合、カラーバリエーションも限られてきます。





第96回:umarin さんのお部屋 | マネしたい!素敵なお部屋紹介 | アイリス収納・インテリア ドットコム



こちらは、おそらく(大きい、普通サイズの)ジェルデのフロアランプ。
ビンテージの家具類がとても素敵な空間です。







jielde signal floor lamp / DIYと木工と園芸なまいにち


一番候補に挙がっている、ジェルデのシグナルフロアランプ。
ソファで読書するには高さが少し足りないかなと思っていましたが、この記事にアップされている写真を見ると大丈夫そうにも見えます。



ウチのリビングのようにソファと座卓という構成の リビングには、高さと大きさがちょうどいいです




正規販売店はこちら。
ジェルデの他に、アメリカのデイザーのランプも扱っています。




ジェルデはモールなどでも取り扱いが増えてきました。
カスタマイズされたヴィンテージものを含めると、選択の幅は広がります。
現行品は、口金e26とe14、ヴィンテージは、アンティーク球と呼ばれるピン式の電球を使うものもあるので、実用性が気になる人は購入前にしっかりチェックして下さい。




GRAS Lampe

こちらもヴィンテージで人気が高いフランスのGRAS Lampe。
とても希少なランプなので、フロアタイプのランプを考えるなら、復刻ものになりそうです。




N°411 / La Lampe Gras




アームのデザインが特徴的なN°411。
カラーバリエーションもブラック、クローム、レッド、イエロー、ブルーなど全9色。
高さは121cm。





N°230 / La Lampe Gras



スッキリしたラインのN°230は、現在ブラックとシルバーの2色。
アーム長さ164+16cm。



国内の輸入元は、SEMPRE.JP。
本国に比べると、入荷しているモデルは見劣りしてしまいますが、デスクランプ、ウォールランプ、カラーバリエーションも少しずつですが増えています。
国内仕様は口金e-17になっています。




どうしても国内未入荷のGRAS Lampeを購入したい方は、過去記事にアップしたHIPSQUAREさんへ相談してみるのもひとつの方法です。
過去記事はこちら。



Aj Floor

ヤコブセンがデザインした北欧のAJランプ。
今回、いろいろなBlogを見て回りましたが、リプロものも含めて、一番目にしたランプです。
白、黒が多いフロアランプの中でカラーも豊富。
高さは130cm。



嫁入り家具日記。 AJフロアランプ ブラック | BoSTYLE 名古屋市緑区の北欧家具ギャラリー




北欧系の家具を扱うBoSTYLEのスタッフブログ。

こちらのBlogには、カリモクのKチェアと合わせて使用している様子がアップされています。



取扱店が多いですが、リプロものも混ざっているので(価格が全然違うのでわかると思いますが)、気になる方はしっかり確認して下さい。





KAISER idell

こちらも復刻されたドイツの名作ランプカイザー。
これで高さ125cm。
できればランプを挿し色的に使いたいと思っているので、ホワイトとブラックのみなのが少し残念。


Fritz Hansen フリッツハンセン Christian Dell クリスチャン・デル KAISER idell カイザー・イデル フロアランプ チルト機能付き 6556-F Super (ブラック)



KAISER idellは、このほかにもフロアランプ、デスクランプ、ペンダントランプが復刻されています。
また、ヴィンテージものも人気ですが、ウォールランプは見かけるもののフロアランプはなかなか見かけません。






フロアランプについて

理想のインテリアを目指すと、手が抜けない照明器具。
どうしても妥協せずに選ぼうと思うと、 海外からの購入も視野に入れることになりますが、購入方法の他に、電球の規格の違いや、コンセント(プラグ)に手を加えなければいけないことも忘れずに。

ウォールランプは、やはり配線をどうするかがポイントになるので、お手軽で、配置換えや使い回しのきくスタンドタイプのランプを選ぶことになりそう。
今回はフロアランプを中心に考えてみましたが、サイドテーブルやチェストの上に、テーブル(デスク)ランプを置くコーディネイトは、価格を抑えられるし、ランプの選択肢もかなり広がるかと思います。

我が家は、サーキュレーターもグリーンを選んでいるので、理想はグリーン系のランプで探しています。
そうなるとリビング用にランプを買い足すとするとジェルデのフロアランプになりそうです。
ネットでいろいろと見ていると、空間を引き締めるためにブラックを選択している方が多いようでした。

いずれにしてもランプ自体、数年でダメになるようなものではないのでしっかりしたものを選びたいですね。




Sponsored Link








Comment