そよかぜスタイル

iPhoneを新しくしたのでグリフィンのケースを購入してみた

+ No comment yet
iPhoneを6に買い替えました。
せっかく購入したばかりのiPhone。
やっぱり落下などの衝撃がいちばん心配。

次の機種変更まで気持ちよく、安心して使えるように、耐衝撃性、防塵、防滴性がしっかりしたものを購入したい。




ファイヤーキングジャパンマグ グリフィンiPhoneケース ヴィンテージケメックス
Fire-King Japan Mug / Griffin Survivor All-Terrain for iPhone 6 / Vintage CHEMEX



中途半端なケースをつけていて、落下させてしまって破損・・・そういったお友だちも私の周りにも何人か居たりします。


耐衝撃ケースの実力は、過去記事にアップした通り検証済み。
なので、新しいiPhoneを入手する前に、耐衝撃ケースの購入を済ませておきました。

購入したグリフィンのケースについてのレビューをアップしてみます。

今回購入したiPhone用ケース


iPhone4Sを購入した時に、破損が気になってハードな耐衝撃ケースを購入しました。
いろいろ見て回って購入したPUREGEAR製のカラビナ付きケースは、とても便利でかわいくて、3年以上iPhoneをほぼ無傷の状態で守ってくれました。




やっぱり耐衝撃性をアピールしているケースの安心感は抜群。
なので前回のケース選びを参考にしながら探すことにしました。


今回購入したケースは、オリーブが気になっていたGriffin Survivor。
3年前の記事でオリーブを見つけて次はこれにと書いてありましたが、iPhone6用での購入になりました。




Griffin Survivor All-Terrain for iPhone 6
Griffin Survivor All-Terrain for iPhone 6 : Color OLIVE/LIME





パーツ構成はこのような感じ。
スタンドにもなるクリップとケース、画面のカバー。
6用になってカメラのレンズ部分は、キャップ的なものではなくクリアのカバーになって、写メをする時にも手間が省けるようになっています。

ケースはパチン、パチンと少しコツがいるかもしれませんが、ネジを使うケースとは比べ物にならないぐらい装着は簡単。






ファイヤーキングジャパンマグ グリフィンiPhoneケース
Fire-King Japan Mug / Griffin Survivor All-Terrain for iPhone 6





グリフィンiPhoneケース
Griffin Survivor All-Terrain for iPhone 6




iPhoneを収めるケース本体部分は、プラ系のパーツをシリコンでくるんでいるような構造になっています。
もう少しボリュームがあるかと思いましたが、ケースそのものは思っていたよりスリムです。
これは、iPhone本体がかなり薄くなったり、サイズが大きくなったので持ち運びを考えるとこれ以上サイズアップはできなかったのかもしれません。




グリフィンiPhoneケース ピュアギアPX360 Extreme Protection System for iPhone
Griffin Survivor All-Terrain for iPhone 6 / PUREGEAR PX360 Extreme Protection System for iPhone 4/4S




ケースそのもののサイズは、iPhone4Sに使っていたピュアギア製のケースと比べるとご覧の通り。
大幅にサイズアップしたiPhone6に取り付けるグリフィン製のケースの方が少し大きめですが、ボリューム感はそれほどでもありません。
ピュアギア製のケースは、カラビナを通す部分もありますが、こぶりなiPhone4Sは、このケースでかなりサイズアップしていたことになります・・・





グリフィンiPhoneケースにiPhone6を収めます
かなりフィット感があります




ケースの脱着は簡単そうでしたが、いちどセットしたiPhoneを取り出すのは少しコツがいりそう。
この手のケースは、ケースにいれたらそうそう取り出したりすることはないかと思うので、問題になることもないかと思いますけど。
どうしても簡単に取り出したいということなら、ひもとか帯状のフィルムを下面にとおしてベロだししておくとか、工夫してもいいかもしれませんね。

シリコンでカバーされたボリューム、スリープボタンとも、操作感は良好。




グリフィンiPhoneケース
サウンド オン/オフも開閉式でカバーされています




グリフィンiPhoneケース
カバーはこのように開けます




サウンド オン/オフ、ヘッドホンのジャック部分も同じようにカバーされています。
けっこうぴたっと塞げて、なかなかいい感じです。




グリフィンiPhoneケース Dockコネクタ部分
Dock(Lightning)コネクタ




充電のために開閉するDock(Lightning)コネクタ部分。
予め心の準備をしておけばそれほどケーブルの抜き差しも苦にならないと思います。

頻繁に開け閉めする部分だと思うので、ここがいちばん最初に痛んできそう。
シリコンはちぎれたりすることないのかな・・・




ファイヤーキングジャパンマグ グリフィンiPhoneケース ヴィンテージケメックス
Fire-King Japan Mug / Griffin Survivor All-Terrain for iPhone 6 / Vintage CHEMEX




クリップ部分を回転させてセットするとスタンドとして使用できます。
クリップを使うとき(クリップのロックを外す、スタンドとして使うとき)、パチンと手応えがあります。

このスタンド。
動画などを見る時にとても便利。



グリフィン・サバイバー(iPhone6用) クリップ詳細
クリップを付けたまま写メしてみると



クリップを付けている時は、かなりボリュームアップになります。

ケースにセットしたまま白い壁に向けてLEDライトを照らして撮影してみました。
結果はご覧の通り。
クリップがカメラにかかるということはないので日中の写メならそのままでもOKですが、暗闇では、少しだけクリップ部分がLEDライトにかかってくるために、色カブリを起こしてしまいます。

単純に懐中電灯の代わりに使う場合は、クリップをつけたままでもほぼ問題ないですが、夜間の写メの場合はクリップを外さないと厳しいです。
クリップは、充電の時にも外さなければいけないし、あくまで持ち運びをする時やスタンドとして使うもののようです。

あればあったで便利ですが、クリップを使わないという選択もアリかと思います。




バブアーオイルドジャケット グリフィンiPhoneケース アルファ N-3B TIGHT
Griffin Survivor All-Terrain for iPhone 6 / ALPHA INDUSTRIES N-3B TIGHT / Barbour COWEN COMMANDO JACKET





カラーは、現在オフィシャルサイトで確認すると6色の展開。
迷彩は、この記事をアップしている時点ではオフィシャルサイトにはアップされていません。
Amazonのレビューでも、電話で確認した所6用に迷彩は出ていないと回答があったと書かれていました。
こういったケースは、コピー商品がかなりでまわっているようなので購入の際には気をつけて下さい。

今回はOLIVE/LIMEを選択しました。
ミリタリーテイストあふれるアイテムとの組み合わせも気になるかと思いますので、色の比較にバブアーのオイルドジャケットとアルファのジャケットと。
ケースは明るいライムがアクセント。
とってもキュートです。


大きさが気になる人も、グリフィンのサバイバー6用は、大切なiPhoneを守ろうと考えるなら許容範囲になりそう。
決して小さくはありませんが、持った感じはグリップもよくて悪くないと思います。

気になるのは特徴的なクリップつきのホルダーをつけていると、手の小さな人にはかなり厳しいかも。
つけっぱなしだと懐中電灯に少しかかってくるし、このパーツの扱いに少し悩むかもしれません。

操作感はというと、前面のカバーが少し波を打つ感じでべこべこした部分があり、しっかり目にタップしないと反応がイマイチな時があります。
それほど繊細な操作はしないので、気になることはありませんが、ゲームなどをする方は、これぐらいでもストレスを感じるレベルかもしれません。
あと、このカバーのみで交換はできないそうなので、カバーの上からフィルムを貼っているというレビューもみかけました。

個人的には、液晶のフィルムを用意する煩わしさなどもなく、ホームボタンもカバーしてくれているので好意的に捉えています。

完全な防水性は望めませんが、日常的なことなら、じゅうぶんすぎるほど大切なiPhoneをトラブルから守ってくれるアイテムになると思います。

グリフィンのケースは満足度高し!

グリフィンiPhoneケース




今回、過去記事を参考に、いろいろと耐衝撃ケースを探して、購入したグリフィンのサバイバー。
6用に探してみて、グリフィンのケースが想像していたよりカラーがかわいくなっていました。
前のiPhoneをほぼ無傷で守ってくれたピュアギアと迷いましたが、気になっていたグリフィンを購入してみました。


ケースの性能に拘るなら、規格のチェックも忘れずに。
耐衝撃ケースを選ぶ目安のひとつに、アメリカ国防省の規格MIL-STD-810Gクリア、防水性能が気になるならIP○○(左側が固形物に対する数値6段階、右側が水に対する数値を表す数値8段階)をチェックするといいと思います。
防水性能は、IP68が粉塵の侵入を防ぎ、水没から守るということになります。


スマホは、なにより持ち運ぶ精密機械。
だいたい2年ほど使っている間に落下してしまう確率の方が高いと思うので、しっかりしたケースを取り付けは必須です。

iPhoneを守るという機能面以外にも、かわいいカラーリングのグリフィンのケースは、ちょっとした注目を集めることも。
『ちょっとケース見せてもらっていいですか?』『どこで買いました?』といった感じで、ちょっとした話題作りにも一役かってくれます。




破損させてしまい交換ということになると手間も増えるし、こういった個性的なケースで大切なiPhoneを守れるというのはとてもいいですね。

のちにこのケース、耐久テストを兼ねて、スマホをポケットに入れて持ち運ぶ相方に使用してもらっています。
1年以上経過した結果はこちらで。





Sponsored Link