そよかぜスタイル

簡単!ダイニングテーブルのお手入れにレモンオイルを使ってみた

+ No comment yet
ダイニングテーブルのぐらつきを調整していたら、天板のメンテナンスもそろそろかなぁと気になりはじめました。
使っているのは、北欧ヴィンテージ、オーク素材のテーブル。

ただでさえ過酷な環境にあるテーブルの天板を、少しは保護しておかなければ・・・





コーニングネイビーウォッチマグ
Corning US Navy Watch Mug




テーブルのお手入れについて調べると、ヤスリを使ったり何やら大変そう。

そこで、お手軽に使えそうなレモンオイルを使うことにしてみました。
レモンオイルは、ハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさんも家具のお手入れに使っているようです(もちろんそちらはお手製)。

必要なのは、オイルを塗る時、乾拭きするときに使ういらない布2枚だけ。
さくっと簡単に作業ができたので、家具用のレモンオイルを使ったお手入れについてアップしてみます。


家具のメンテって難しそうでわからない!


今回は、木製家具のお手入れです。
今まで、しっかりペイントされたダイニングテーブルを使っていたので、まったく意識することはなかったのですが、新しく購入したダイニングテーブルはそうはいきません。

ケメックスをそのままテーブルにおいてコーヒーをいれていたら白く変色させてしまったり、表面の傷みが気になってきてしまいました。





北欧ヴィンテージダイニングテーブル





オイルフィニッシュ、ラッカー、ウレタン塗装といった仕上げの違いはあるものの、テーブルのお手入れ(その他の家具を含めて)は、傷みが気になってきたらとりあえずヤスリで表面を削る(薬品で剥離する)ことがお約束。




そんな大変そうなことできないっ
紙ヤスリはかなり細かい番手のものを使用するようですが、天板の平面性を損ねかねないし、なにより大げさ過ぎます。(白いシミをつけてしまったら、これしか方法はないと思います)


あれこれ難しいことばかり書かれているのでまったくわからない・・・
普段のお手入れにかるくできるようなものはないかと調べたのが、レモンオイルとフィーデンワックス。




レモンのアロマを用いたアロマテラピーには、心をリラックスさせて安定される効果があります。リフレッシュして気持ちを集中したいときには、とても優れた効能を発揮してくれます。 そんなレモンですが、木製家具にも擦れた効果を発揮します。今回はレモンオイルを使って木製家具をきれいにする7つのコツをご紹介します。













フィーデンワックスは、塗装された面をはがしたり痛めたりする事もなく、また塗料も入っていないので塗装された家具、木製品、楽器にもお使い頂けます。









レモンオイルは、ナチュラル志向の人やギターを使う方には馴染みがあるオイルのようです。

どちらも、お手軽にテーブルの天板を保護したいと考えている私にぴったり。
少し迷ったのですが、さらっとしていて扱いやすそうな、レモンオイルを使ってみることにしました。

家具用のレモンオイルを使ってみた



ヴィンテージダイニングテーブルの天板
けっこう痛みが気になってきました・・・



ヴィンテージダイニングテーブルの天板




ダイニングテーブル レモンオイル使用前




ワイマンレモンオイル


家具のお手入れに使ったレモンオイル
テーブルの手入れに使ったレモンオイル




天然木製品(特にチーク材、オーク材などの天然木製品)のメンテナンスに最適です。
じっくり浸透するピュアオイルが木材表面のホコリ、タバコのヤニ、シールのり汚れなどの表面汚れを落とすと同時に、充分な油分を補い、乾燥によるクラック・ひび割れを予防します。配合のサンスクリーン効果(UVX-15)が紫外線による退色、ダメージを軽減します。本剤にシリコン、ワックスは含まれません。天然素材の良さを引き立たせる、しっとりとした深みのある自然なオイル仕上げになります。

ワイマン レモンオイル 説明書より


このレモンオイルは、表面の汚れを落とす効果と、木材の保護を目的として使用するものです。
レモンオイルは、どのような仕上げの家具に使用しても問題なさそうなのも特徴です。

ややこしいのですが、硬化する、いわゆるワトコオイルなどとは、少し目的(ニュアンス)が違うようなので注意が必要です。



家具用レモンオイル
ワイマン レモンオイルの蓋 開けるのにちょっとしたコツが要ります



ワイマンレモンオイルのキャップ




ワイマンレモンオイル開封




レモンオイルの使い方は、とっても簡単。
天板を拭いてから、乾いた布にオイルをしみ込ませ、木目にそってのばしていきます。
そして乾拭きで仕上げておしまい。

少しだけ戸惑ったのはキャップの仕様。
二重構造になっているので、押し込みながら回さないとキャップがあきません。


ダイニングテーブルの天板サイズは、90cm×最大220cm。
作業時間は、ほとんどかかりません。
食事が終わってからテーブルを拭き上げる感覚と同じです。

塗ってから数分、拭き上げてから最大で半日程度放置しておけばよいようです。



使用後のレモンオイル





レモンオイルを塗り終えた直後のテーブル
レモンオイルを塗ったテーブル




作業中も、ほんのり爽やかな香り。
さらっとしていますがオイルなので、ゴム手袋をつかうとべとつきもなくいいと思います。

塗り終えたあと写真を撮ってみましたが、いいツヤ感はあるものの、写真でわかるほど特別すごく変化したようなこともなく、劇的な変化を求めている人にはもの足りないかもしれません。
その反面、大きな失敗ということがなさそうなので、深く考えずにいろいろな木製品に使えそうです。


ワイマンのレモンオイルは、気になる日光から受けるダメージを軽減してくれる効果も期待できていいですね。


レモンオイルなら普段からこまめにお手入れできそう

ステルトンバキュームジャグ ファイヤーキングジャパンエキストラへビーマグ
Fire-King Japan RW Extra Heavy Mug / STELTON classic vacuum jug




テーブルの天板のお手入れというと、木の材質、色目、表面の仕上げにあったお手入れ方法を選ぶことになり、なかなか踏み切れませんでした。
今回、レモンオイルを使用してみたのですが、特に難しいこともなく、ふだんテーブルを拭き上げる感覚でお手入れができたのはとてもよかったです。

劇的な効果はないのかもしれませんが、そのぶん、削り落とす必要もないし、色目を気にする必要もない(私はいきなり作業しましたが、材質や仕上げによって、気になる方は目立たない所で試してみてからにしましょう)、ほとんどの木製品に使えるというのはありがたいです。

目立つシミなどは消すことはできませんでしたが、気が向いた時に、あれこれレモンオイルを使って木製品を拭いてみようと思います。





木製品の傷みが気になるけれど、大変そうなお手入れはしたくない・・・
お気に入りの家具を末永く使っていきたい・・・
そんな風に感じている方にはぴったりなお手入れ方法になるかもしれません。





Sponsored Link








Comment