そよかぜスタイル

カラス対策にいちばん効果があったゴミの出し方

+ No comment yet
引っ越しをすると、今まで当たり前だったことが大きく変わり戸惑うことがいろいろとあると思います。

集合住宅から戸建てに越した我が家の場合、今まで気にしたこともなかったゴミ出しで困り果ててしまいました。
カラスがゴミをつっついてしまうからです。





The Crow
The Crow : Phto peasap



こ、こんなこと、今まで考えもしなかったわ・・・
可燃ゴミの日は、カラスにゴミ袋をつつかれてしまって掃除が大変。
なんとかしなければ・・・

いろいろな方法があるようですが、我が家の場合、確実にカラスにつつかれなくなりましたので、これから戸建てに引っ越しをする人のために、その方法をアップしてみます。

可燃ゴミ(生ゴミ)ってカラスにつつかれてしまうものなんですね



ダルトン ゴミ箱
DULTON PLASTIC TRASH CAN 18L




お引っ越しをして数回目の可燃ゴミの日。
収集車が去ったあと、玄関に出たら、生ゴミが散らかっているではありませんかっ!!

?????

集合住宅から引っ越してきたばかりで、こんなことがあるとは思いもよりませんでした。
今までゴミ出しでこんなことがあるなんて考えたこともありませんから。

カラスの仕業だとわかりましたが、いったいどうすれば?と、困り果ててしまいました。

カラス対策については、各自治体のHPに書かれています。
目を通しておくと、しっかり対策が書かれていて参考になると思います。
条件が整えば、鳥よけのネットを無償で貸し出してくれたり、事前に連絡をしておけばゴミ箱に入れて出すことを許可してくれる自治体もあるようです。

『ゴミ カラス ○○市』などで、住んでいる地名で検索するとヒットすると思います。





生ごみだけを新聞紙や紙袋で包み、中身が見えないようにして排出してみましょう。(袋全体を覆わず、生ごみだけを覆うようにしてください)





ざっくりゴミ出しのコツは、ゴミを表に長時間放置しないこと、目隠しをすること、網などで直接ゴミに触れないようにすることのようです。

カラス対策我が家の場合








ゴミ出し からす対策済み2





何度かカラスにつつかれて、ゴミの中身が見えないようにするという対策をとることにしました。
新聞紙でも、写真のようにチラシなどを使っても、ゴミ袋の中身が見えなければ、今のところ、カラスにつつかれることはありません。
生ゴミだけ個別に包んでと書かれているサイトもありますが、我が家の場合は、いつもこのように全体に覆うようにして、当日の朝、玄関先に出すようにしています。


ゴミの出し方まとめ

ゴミ収集車が去ったあと家の前に生ゴミが散らかっていると、後始末も大変だし気持ちもげんなりしてしまいます。

新聞紙などを使ってゴミを覆うのは、ちょっとした手間だけど、カラスに見えなければだいたい大丈夫だということがわかりました。

ゴミ箱にゴミ袋をセットする時に、新聞紙をいれてから使いはじめて、どうしても覆い切れなくて隙間ができてしまった時は、隙間が空いてしまった所を壁などにぴったりつけてだしておけば大丈夫。

1、2度、忘れてしまったことがあるのですが、紙で覆うのを忘れたとたんに、つつかれてしまいましたから、カラスを見かけなくなっても続けることが大事。

ネットを使って対策をしている所もありますが、きっちりカラスが入って来れないようにしておかないと、つつかれてしまい大変なことになってしまうこともあります。

個体差などがあるかもしれませんが、カラスはとってもかしこい鳥のようなので、困っている人はお試しあれ。

この他、困ったことはこちら




Sponsored Link