そよかぜスタイル

国産スニーカーサイトがかっこよすぎてきゅんとしてしまった

+ No comment yet
メイドインジャパンという選択/パトリックのスニーカー(このBlogで数少ない人気記事?)で書いた通り、日本にいながら、なかなか日本製のものを手にする機会が少ない今日この頃。
スニーカーは履き心地の良さや、有意義なお金の使い方を意識してか、その後もパトリックのマラソンを2足購入しています。






http://www.moonstar-onlineshop.com/html/page9.html
ムーンスター 国産スニーカー http://www.moonstar-onlineshop.com/html/page9.html




日ごろ、海外のヴィンテージ品などを愛でているわけですが、
やっぱり、安心、丁寧な日本製は素敵だ・・・とか、
どうせ買うなら日本製にとか。
ふと、パトリックの他にも国産のスニーカーってないのかなぁ〜と思って見てみたら、ムーンスター(月星といったほうが通りがよいのか?年齢的に^^;)に、日本製のスニーカーページがありました。

目を通してみたら、かっこよく、しかも懐かし過ぎて胸がきゅんとしてしまったので記事にしておきます。


由緒正しい国産スニーカーページを見て胸が熱くなった


少し意識して身の周りを見てみると、日本にいながらほとんど日本製の製品がない・・・
大切な足元に限ってみると、大きくてかわいい過ぎるカヌーサンダルや、パトリックのスニーカーぐらいだったり。




気持ちの問題かも知れないけれど、日本製はやっぱり素敵だ!

他にも国産のものってないかなぁ〜と思って出てきたのがムーンスター。


胸きゅん・・素敵すぎるっ
1枚もののページを見てみると、思わず胸が熱くなってしまいました。
子どもの頃、初めてのひも付きスニーカーは、月星のジャガーだったっていう人もけっこういるのではないでしょうか?
※こちらは海外生産品







ゴム産業の町として知られる福岡県久留米市で、明治6年(1873年)に地下足袋から始まり、140年もの間、靴を作り続けてきたムーンスター。
人の足型を研究し、特にラバー素材にこだわることで履き心地の良さを保ち続けてきました。そして、ムーンスターが新たな一歩を踏み出すために、140年間の靴作りへの自信と誇りを込めた“MADE IN KURUME”の靴がここに誕生しました。





胸が熱くなりすぎて文字に書けません^^;
(けして、文章力がないとかさぼっているわけではない)


ムーンスターのスニーカー紹介ページ



ムーンスターのスニーカーについてpingmagのページで詳しく掲載されていました。




http://pingmag.jp/jp/2013/11/15/shoes-like-pottery/
http://pingmag.jp/jp/2013/11/15/shoes-like-pottery/





僕たちも入社してはじめて靴の製法を間近で見た時に、「スニーカーってこんな風に作られてるんだ」と感動したんです。スニーカーというのは、消耗品で古く なったら捨てて新しいものに買い替えられるものだと認識されていると思うんですけど、実はこんなに人の手がかけられているんだ、ということを伝えたいと思 いました。今では日本で3箇所くらいでしかでやっていない製法なので、残していきたいという気持ちもありました。

元々はアメリカの製法なんですが、人件費がかかるので価格が合わないということでアメリカからは撤退して、日本でも同じように人件費がかかるという理由で無くなっていって、今は中国やインドネシアなんかに多いです。当社も、海外で安く大量生産して売ることもやっていますが、日本の工場もかたくなに残しています。



などなど、国産スニーカーにかける気持ちが素敵なページをみながら知ることができます。




気になったムーンスター国産スニーカー





[ムーンスター] MoonStar MoonStar MS JP005 MS JP005 BLACK(BLACK/XS)


雨の多い時期に良さげなラバースニーカー。ブラック、ネイビー、ブラウンの3色(メンズ、レディース)





 MoonStar MS JP008 MS JP008 RED BROWN


ミリタリー好きの男子にずきゅんときそうな旧日本軍に供給していたミリタリーブーツの復刻版。スウェードとブラウン。(メンズ)





MoonStar MS JP018 MS JP018


普段履きに。レトロちっくでかわいいスニーカーに胸きゅん。白、黄色、赤、ネイビー(メンズ レディース)



メーカー生産のすべてが国産というわけではないようで、国産スニーカー特集ページには、この他、キャンバス製のスニーカー、(ローカット、ハイカット)など19種類の靴が紹介されています。






※購入したり染めたりしました 2015 9


ムーンスターのスニーカーを見て胸が熱くなってしまった

国産スニーカーについてちょっと見てみるつもりでしたが、靴ひもを通しながら、わくわくした頃などを思い出してしまい、思わず胸がきゅーんと熱くなりました。

改めて見てみると、スニーカー造りは手作業で、しっかりしたものを作るためには、しっかりとした技術や経験、管理が必要だということがわかりとても勉強になりました。
買ったばかりのはずのスニーカーの靴底がべろんとしてしまって、がっかりしてしまったという経験があったりなかったり。
少々のことなら、しっかりとした国産品を購入しておいた方が気持ちよく過ごせそうだなぁと思いました。


この他、国産品の記事はこちらで。



Sponsored Link