そよかぜスタイル

三脚が気になる人は見ておくべきかもしれないBlogまとめ ハスキー編

+ 2 comments
写真好きな人が、カメラ、レンズと揃えたら、気になるアイテムが三脚。
でも、三脚といっても、この記事に目を通しているあなたは、カメラを買った時についてくるようなきゃしゃなものではなく、しっかりしたものをと考えているはずです。
三脚といっても、メーカーもサイズもまちまち。
しっかりとしたものをと考えると、すぐに買い替えるものでもないし、価格もそれなりにするので迷ってしまうはずです。

そんな時には、ド定番の三脚ハスキー。



Leitz Tiltall Tripods 1979
Leitz Tiltall Tripods 1979 / Photo Nesster



三脚は、重量と値段が性能に出ます。
基本的に、それなりに重くて、値段が高いものがいいものです。

我が家には、フランスのジッツォがあるのですが、もうちょっとシンプルなものが欲しくなってきました。

定番中の定番、ハスキーの三脚について、詳しく書かれているサイトさんをまとめてみます。


なぜ?ハスキーの三脚について



My tripod and me
My tripod and me / Photo rachel sian



ハスキーは、アメリカで作られていたシンプルな三脚で、とくにカメラを固定したりアングルを調整する部分『雲台』に定評があります。

雲台はハスキーに限る!そんなことをいうベテランカメラマンさんも多かったです。

私の知り合いの方々も、記憶している限りでは、愛用している三脚はジッツォ、ハスキーの組み合わせがほとんどでした。

ジッツォは、高機能で万能なのですが、ローアングルを得るために、お皿を取り替えたり、脚を開く部分の操作が固かったりでシンプルとはいえず、急いでする時はちょっと使い辛いかなぁーというイメージです。

何かにつけて『重い』感じのジッツォに比べて、万能とはいえませんがハスキーはシンプルそのもの。
特にローアングルに難点があるのですが、どうしてもの時は逆づけなどで対応も可能です。

ハスキーの三脚は、もともとアメリカ製だったのですが、最近になって日本の輸入元が製造販売をしています。

アメリカものといえばシンプルで頑丈な反面、おおらか過ぎて調整しないと厳しいぃ・・・という部分があったようで、輸入元のトヨ商事という会社は、アメリカからはいってきたものを、自社で検品、調整し販売していたのは知られるところ。
このへんの話は、プリントの機材ベセラーと事情が似ていますね。

日本製というと、三脚のようなシンプルなものに限っては、正直イマイチに感じますが、長年のノウハウを持ってオーバーホールも受け付けてきた輸入元が、製造販売を手がけるということなので品質的にも心配ありません。
※安心、安全、高精度を誇る日本製ですが、三脚、スタンド、4×5カメラのようなものは、などなぜだか海外製品に比べてきゃしゃですぐダメになる。 本当に不思議です。

難しい三脚選びの基本はこちらのショップさんでまとめられていますのでまずは参考に。



では、さっそくハスキーをオシャレに使っているサイトさんを。


参考になりそうなハスキーが登場するサイトさん


難しい三脚選び。
そんな悩みを解決してくれそうな記事。
素敵な記事をありがとうございます!!



ムラカミユウタ 撮影備忘録 -村上悠太blog-
ムラカミユウタ 撮影備忘録 -村上悠太blog-



写真家さんのBlog。
ハスキーは、ローアングルに弱いっ!という欠点を克服する方法。
センターポール逆づけで対応していらっしゃいます。

この方法なら、ジッツォを開脚してプレートを交換して・・・なんて手間から開放されそうです。









HUSKY 三脚 写真 撮影機材 / 自分流行通信 
HUSKY 三脚 写真 撮影機材 / 自分流行通信


ハスキーの三脚は、雲台と三脚が一体型になっているのが特徴。
※分離型もあります

シンプルなその特徴をあますことなく伝えてくれています。







雲台 / Colors of Seasons
雲台 / Colors of Seasons



ジッツォとハスキーの雲台をレビューしています。
シンプルにレビューされています。







ハスキー 4段 ハイボーイを購入 / capricious.info
ハスキー 4段 ハイボーイを購入 / capricious.info


コマーシャルカメラマンさんのBlog。
ハスキーの欠点もずばり。

でもやっぱりハイボーイ。
三脚も万能なものというものはなかなか存在せず、適材適所使い分けが必要なのかもですねー









ハスキー三脚+レンズ台座 ブレテスト / おらひ日記帳
ハスキー三脚+レンズ台座 ブレテスト / おらひ日記帳



ハスキーのブレをテストしています。
こういったシビアなデータもブレを防ぐモノとしてみたときは必要なのかも知れません。

いちばん安全な方法についても書かれています。







3ウェイ雲台:ハスキーの3Dヘッドは間違いないっす! / Home Designing Weblog
3ウェイ雲台:ハスキーの3Dヘッドは間違いないっす! / Home Designing Weblog



ローアングルを考えて、ハスキーの雲台にマンフロットの三脚を組み合わせています。
ハスキーの雲台の満足度高そう。
雲台単体と一体型の操作棒に長さの違いがある・・・?ようです。








ハスキー 三段 / アンチ!アンチエイジング
ハスキー 三段 / アンチ!アンチエイジング



ハスキー三段について、褒めたたえています。
アメリカものに対する思いが伝わってきます。








念願のハスキー (4段 ハイボーイ) 導入!! / kaakle.com -主に最近はカメラ中心-
念願のハスキー (4段 ハイボーイ) 導入!! / kaakle.com -主に最近はカメラ中心-



ハスキーの三脚購入の理由が書かれています。
鉄分が必要な人はぜひ。

雲台のコルク・・・自分で貼付けるんですね・・・










ハスキー三脚、帰宅  /  メガギガテラス
ハスキー三脚、帰宅  /  メガギガテラス



ハスキーの三脚は、オーバーホールによって新品のように蘇るのがひとつのウリ。
昔は、トヨ商事でオーバーホール済みのハスキー三脚売りますと広告を出していましたね

ひとつのものを使い続けていこうと思っている人には参考になりそうです。









ハスキー三脚修理の顛末です。  / バイクオヤジのひとり言
ハスキー三脚修理の顛末です。  / バイクオヤジのひとり言



1976年購入のハスキー。
正規のオーバーホールをあきらめ、ご自身で。

本当に長持ちする機材ですねー
今回唯一のシルバーのハスキーですー ※現在はブラックのみ




ハスキーのショップさん


昔ながらのシンプルなスタイルを守り続けているハスキーの製造は日本に移りました。
そんなハスキーの三脚をカスタマイズして販売しているショップさんがあります。

木製の操作棒、雲台をクイックシュー仕様に変えたもの、ローアングル用に脚をカットしたモデルなど。
このカスタムは、製造元に直接オーダーしている正規品だったり、メーカー公認アクセサリーといった扱いになるようす。

気になっている人は、とりあえず覗いてみるといいかも知れません。




ハスキー三脚まとめ

ハスキーの三脚は、決して万能というわけではありませんが、シンプルな造りと操作性が好まれているようです。
どの三脚についてもいえると思うのですが、万能なものひとつという選択はありえません。

使用目的をはっきりとさせて、頻度の高そうな用途にみあったものを選ぶか、最低2本使いで適材適所使い分けることを前提にした方がむだがありません。

あと、この三脚のエレベーターは、ネジをゆるめるとすとーんと落っこちてしまうので気をつけて下さいね。


どれか一本といわれたら、極端なローアングルは考えないで、ハスキーの4段(ハイボーイ ※ショートなど背の低いモデルもあるので要注意)か5段になるでしょう。
3段は、それほど低くならず、高さも稼げないので少し中途半端メインの三脚として選ぶ事はお勧めしません。

ハスキーには、雲台一体型と分離型があります。
雲台だけ別に購入、手持ちの三脚になど、個別に購入を検討する方は、ネジの太さが違ってきますので、お手持ちの三脚や雲台のネジを確認して下さい。
※ジッツォは三脚側のネジ、太ネジ、細ネジになっていますね。(外してひっくり返すと変るようになっています)




この記事を書いていたら欲しくなったので買ってしまいました。





Sponsored Link








2 コメント:

  1. そよかぜさん、大変ご無沙汰してすみません(>_<)
    今年もよろしくお願いします♪

    デジイチすらまだ買ってない我が家ですが、
    将来三脚を使いそうなら、こちらのブログを参考にさせていただきますね~♪
    息子もいよいよ春から幼稚園なので。

    返信削除
  2. yasuyoleob さん

    こんばんは☆
    こちらこそ、ご無沙汰しています〜よろしくお願いします!

    三脚は、多少かさばっても少し大きめで重たいものを選ぶと幸せになれそうです〜
    軽いと、どてっと倒れてしまうこともありますからー^^;

    もう入園ですかっ!
    早いですね〜!!!

    返信削除