そよかぜスタイル

ヴィンテージ食器好きが楽しめそうなショップさん

+ No comment yet
楽天市場で、幅広くビンテージ食器を扱うショップさん、Only One Shop
北欧ものでは、ロールストランド、グスタフスベリ、FINELなどのホーロー系のもの、アメリカもののファイヤーキングなども扱っています。


Berså
Berså Photo Johanna.B



取り扱っているものが多過ぎてごちゃついた感じもするのですが、詳細ページがなかなか楽しかったので紹介してみます。

ベルサの解説ページを見て楽しいなーと思ってしまった

北欧の名作食器のベルサ。
復刻版もあるのですが、それでもストックしているショップさんはそれほど多いわけではありません。

ビンテージと復刻ものがあるものは、どうしても違いが気になるのが世の情け。

こちらのショップさんでは、ビンテージものと復刻版の違いをわかりやすく写真付きで紹介しています。

なるほどーと、改めて納得。




たくさん書かれているもの、あっさりしているものいろいろですが、食器好きな方なら、添えられたひとことを見ながら楽しめそうです。

現在、ベルサのプレート数枚が、offプライスになっています。
セットで考えている人は、覗いてみるといいかもしれませんね。

ショップリストを作っています。
お時間がありましたら、こちらもどうぞ。


やっぱりビンテージは魅力的
復刻版とビンテージものがあると、ビンテージの方がアジがあるといった感じの意見をたくさん目にする機会があります。
今回は、北欧の食器の比較を見たのですが、今の『仕事』と昔の『仕事』に、やはり差があるということがわかりました。

昔では普通だったことも、今ではもっと効率的なもの(方法)が確立されているからではないでしょうか。
まれにファイヤーキングのような、現代ものの方が『いい仕事』をしているものもありますが、やはり昔のものの方が、手がはいった『いい仕事』をしているように思います。

これは、古びた味わいといった感じの雰囲気とは決定的に違う価値だと思います。
ただ、昔のものでも、安価で粗雑に作ったものもたくさんありますから、 比較する時には、材質や手の入り方などをしっかり見比べながら、今でも機能的に使えるのか?そんなことを見ていくと、もの選びの基準になりそうですね。

Sponsored Link








Comment